炒め蜂の子

炒め蜂の子
カシュ—ナッツのような芳醇な香りと、卵の黄身のような濃厚な味が特徴。見かけによらず、とても美味。

材料 (1人分)

蜂の子(クロスズメバチ)
一巣分
少々
サラダ油
数滴

1

写真

【重要】
今回使った蜂の子は野生のものですが、衛生面でも安全面でも危険なので、必ず、〝市販のもの〟を使用してください。

2

巣から蜂の子(幼虫と蛹)をほじくり出す。死んで動かないものや、黒くなったものは取り除く。

3

写真

鍋にサラダ油を数滴たらし、蜂の子を入れる。キツネ色になるまで、焦げないように、素早く炒める。

4

写真

香ばしい香りがしてきたら、器に移し冷ます。冷めたら塩をほんの少しだけ振り、混ぜる。

コツ・ポイント

【重要】
★刺される危険がある為、自分では絶対に捕獲しない。
★捕獲のプロの方から購入したものを使用してください。

・炒めた際に、色が黒くなるものよりも、黄色いものの方がおいしい。
・すぐ調理せず、しばらく放置し、フンを出させる。

このレシピの生い立ち

クロスズメバチの巣を駆除したため。

クロスズメバチの幼虫は、静岡や岐阜などの一部では、「ヘボ」の名で高級珍味として人々に親しまれています。是非ご賞味あれ!

レシピID : 4657249 公開日 : 17/08/08 更新日 : 17/08/14

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」