やみつき~広島風お好み焼き

やみつき~広島風お好み焼き
忙しい時、簡単に済ませたい時、材料も少なく楽しいお好み焼きです。

材料 (4人分)

豚バラ
8枚
キャベツ
小1個
もやし
1袋
4個
揚げだま
1C
薄力粉
200g
ゆでそば
2玉
削り節
適宜
ソース
適宜
大4
 

1

写真

キャベツは3,4㎜の千切り、麺はケチャップでサッと炒めておく。もやしは洗っておく。

2

小麦粉に水を入れ生地を作る。(コーンスープのかたさ)

3

写真

お玉に入れ生地をプレートのうえに落としお玉の背でクルクル回しクレープのようにした上に削り節、麺をのせる。

4

写真

キャベツを手いっぱいのせる。

5

写真

キャベツの上にもやし、揚げ玉、豚バラ肉をのせる。油を大1かける。

6

写真

生地を上から全体に薄くかける。

7

写真

クレープの台がパリパリになったら裏返す。(パラパラになっても集めて)

8

写真

ヘラで押しながら焼く。

9

写真

もう一度表にする。

10

写真

卵の黄身に傷をつけ焼けたお好み焼きの肉の部分を卵にのせる。卵が半熟状態で表に反しソースをぬって出来上がり。

コツ・ポイント

最初にあるキャベツは良い(右)悪い(左)キャベツの見本です。真の立ち上がり方が小さいほどよいのです。お好み焼きは山盛り状態になりますが、バラバラになっても集めてくっつければ大丈夫です。遊びながら作って下さい。
プレートの温度は高温です。

このレシピの生い立ち

もう三十年近く作っているお好焼き。友人にも評判で、食べたくなったと℡してきます。年に何回か宅配で送っています。
レシピID : 466073 公開日 : 07/11/28 更新日 : 07/12/06

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」