すし酢を使って★ワカサギの和風マリネ

すし酢を使って★ワカサギの和風マリネ
定番のワカサギのマリネですが、市販のすし酢を使って手軽に作ります。 一緒に漬け込む野菜も美味しくいただけます。 揚げ物もお酢と一緒になるとさっぱり食べられます。 唐辛子を加えれば、お酒のお供にも。(*^^*)

材料

ワカサギ
150g程度
青海苔
大さじ 1/2
薄力粉
大さじ 2くらい
ミツカン すし酢
50cc~
大さじ 1/2~
柚子(皮と汁)
1/2個分
長ねぎ
20㎝ほど
れんこん
ひと節
きくらげ
3~4個
にんじん
少々
適量

1

写真

長ねぎは5㎝の長さに切り、縦に切り込みを入れ、白い部分のみ千切りにし、水にさらしておく。(中の軸は、他の料理にお使いください。) にんじんもおなじような千切りに。

2

写真

きくらげはぬるま湯に浸して戻し、石づきを取って食べやすい大きさに切っておく。れんこんは皮を剥いて半分にし、3~5㎜程度の薄切りにし、水にさらす。(大きいようなら更に半分に。)

3

写真

小鍋にすし酢と同量の水、みりんを入れ、れんこんをサッと煮る。れんこんに透明感が出てきたら水気を絞ったきくらげも加えてひと煮立ち

4

写真

れんこんを煮汁ごとタッパーなどの容器に移し、ゆずの絞り汁を加えて味見をしてすし酢を足す。そこに水気を切った長ねぎとにんじんを加えて和えておく。

5

写真

ワカサギはサッと水洗いして、汚れやウロコを落とす。キッチンペーパーで水気をふきとってから、青海苔をふり、薄力粉をまぶす。

7

写真

低温の油でじっくりと揚げる。泡が小さく少なくなってきたら、火を強めてカラッとさせて、油から引き上げる。

8

写真

熱いうちにマリネ液に入れて、全体が浸るようにしておく。香り付けに柚子の皮をそぎ、千切りにしたものを加えておく。2~3時間後から食べごろ。一晩おくと、更によし、です。

コツ・ポイント

○青海苔と柚子で、和風の作りおきできるお惣菜が出来ました。それぞれ違う素材の食感を楽しんでいただけたらと思います。○すし酢の濃さは、柚子の果汁の量や、お好みで調節して下さい。同じく甘さもみりんでお好みに加減して下さい。 ○ワカサギは今回は無分別の大きいのから小さいのまで混ざっているものを使いましたが、大きいのでする時も、すし酢で柔らかくなるので、そんなに神経質に長く揚げなくても大丈夫です。

このレシピの生い立ち

ミツカン グループインタビュー用のレシピ(副菜)。いつもの南蛮漬けを応用しました。小鯵などの南蛮漬けを時々作りますが、その時「南蛮酢を作るのがめんどくさい~。」と思うことも。それならばすし酢を使ってみようかと。すでに調味料が合わせてあるすし酢なら、微調整ですみ、とても手軽に作ることができました。ただ、酸っぱい系の料理が全て同じ味になってしまう恐れもあるので、上手く応用出来たらいいなと思いました。
レシピID : 466864 公開日 : 07/12/09 更新日 : 07/12/09

このレシピの作者

カイサと申します。「娘に伝えたい我が家の味」中心のレシピを載せています。(女子農高生弁当は2015年5月よりお弁当アプリに移行。)
レシピではちょっぴり塩分控えめの、キミセ醬油のまろやかを愛用。

甘党の夫は神戸に単身赴任、長女は独立して北海道へ、大学生の次女は山梨で一人暮らし、私はハムスターと共に横浜の離散家族。^^;

趣味は、 映画・海外ドラマ鑑賞、手芸など。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」