ゴーヤの肉詰めフライ★サクサク軽め!

ゴーヤの肉詰めフライ★サクサク軽め!

Description

揚げ焼きにすることで、ゴーヤの苦味もとんで柔らかくジューシーになります‼︎

材料 (2人分)

ゴーヤ
1本
塩(苦味抜き用)
適量
合挽き肉
200グラム
玉ねぎ
1/4個
玉子(タネ用)
1/3個
塩コショウ
適量
★玉子(衣用 残り)
2/3個
★小麦粉
大さじ3
★水
100cc
適量
適量
ケチャップ・ソース
適量

作り方

1

写真

ゴーヤを洗い1.5㎝くらいの輪切りにする。

2

写真

わたをナイフで切り取る。緑の部分から切り取ると苦味が少ない。わたが残ったらスプーンでこそぎとる。

3

ゴーヤを重ならないように並べ、塩を振る。5分放置後、さらに5分水につける。ゴーヤのキッチンペーパーなどで水気を切る。

4

タネをつくる。かなり細くタマネギをみじん切り。さっと炒め冷ます。ひき肉と玉ねぎ、玉子1/3個、パン粉でよくコネまとめる。

5

ゴーヤの輪の中に薄く片栗粉をまぶす。中だけでOK

6

タネを詰める。上からスプーンでギュっと押すとみっちり入る。見栄えが悪くなるから、穴からあまりはみ出さないように。

7

★を混ぜて衣液を作る。シャバシャバでもOK。
素揚げとフライの中間みたいなのを目指すため。

8

ゴーヤの上と下の面だけ7の液に漬ける。←別に側面にもついてもいいです。

9

上と下の面だけパン粉を付ける。←ここは側面になるべく付かないように!

10

フライパンに1cmくらい油を入れ、ゴーヤをあげやきにする。カラッとパリッと揚がったら完成!

コツ・ポイント

ゴーヤの大きさで、タネの量は変わってしまうので、ハンバーグのタネの要領で適量作ってください。衣液をうすくすることと、ゴーヤの側面(緑色の面)にパン粉をつけないことで、カロリーダウンと、ゴーヤらしい見栄えのするフライになります!

このレシピの生い立ち

パン粉をみっちり付けると、ゴーヤ感がなくモコモコになるので、素揚げとフライの中間を目指しました!
レシピID : 4673979 公開日 : 17/08/20 更新日 : 17/08/20

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」