節約フレンチ☆豚薄切り肉と玉ねぎのフライ

節約フレンチ☆豚薄切り肉と玉ねぎのフライ
トンカツ用の豚肉は高いので経済的な豚薄切り肉と玉ねぎをミルフィーユしてボリュームカツに!ソースを変えればフレンチの「豚ロースの薄切りパネ・バルサミコ酢のソース」に生まれ変わります。盛り付け次第でちょっとお洒落に☆

材料 (二人分)

豚ロース薄切り
ひとり5枚くらい
玉ねぎ
半分
卵・小麦粉・パン粉(フライ用)
適量
大3~5
塩コショウ
適量
バター
小1
あればエリンギなどのきのこ類も入れると美味しい

1

玉ねぎは薄切りにしてサラダ油でキャラメル色になるまで炒め、塩コショウで味を調える。エリンギなどきのこ類があれば、別のフライパンでバターと塩コショウで炒めておく。

2

豚肉を広げ塩コショウをする。豚肉の上に1で作った玉ねぎの薄切りを少量薄くのせ、その上にまた豚肉をのせる。その上にまた玉ねぎ、豚肉…とミルフィーユ風に重ねていく。あまり大きくすると衣が付けにくいので3~4段くらいがいいかな。

3

2に小麦粉・卵・パン粉で衣をつける。崩れやすいので注意!それを油とバターで揚げ焼きにする

4

別の鍋にバルサミコ酢、にんにくおろしを入れ軽く煮詰め、塩コショウで味を調えバターを加える。私はソース大目が好きなのでバルサミコ大4ですが、加減して量は決めてください。

5

お皿に4のエリンギなどのきのこ類、残った玉ねぎを薄く敷き、その上に揚げ焼きした3をのせ4のソースをかける。

コツ・ポイント

安い豚の薄切り肉に玉ねぎを加えることによりボリュームのあるカツができます。しかもよく炒めた玉ねぎのコクがでてふつうの豚のフライより味が濃厚で旨みが出ます。ソースをバルサミコにするだけで、いつものカツがフレンチ風に早替わり。付け合せに粉ふきいもをつくり、ソースにつけて食べると美味しいです。盛り付けを白の皿にしてカツの上にハーブの葉っぱをのせるとちょっとお洒落になりますよ。

このレシピの生い立ち

旦那の実家の超田舎に引っ越してきてフレンチのレストランがないので、自分なりに試行錯誤でフレンチ風の節約料理を作っています。
レシピID : 467996 公開日 : 07/11/30 更新日 : 07/11/30

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」