生筋子から作るいくらの醤油漬け

生筋子から作るいくらの醤油漬け
人気検索トップ10入りありがとうございます。
生筋子から作るいくらの醤油漬け
ご飯にイクラをたっぷり乗せて召し上がれ♪

材料 (2人分)

生筋子
600g
醤油
50cc
50cc
100cc
昆布
2g
一つまみ
塩レモン
少々

作り方

1

写真

10分位昆布をお水に入れて戻す

2

写真

昆布が戻ったら弱火にかけ沸騰したら調味料を入れる

3

写真

2に調味料(醤油・みりん・塩)をいてたら再度沸騰させて火を止める

4

写真

冷たい筋子の上に、アツアツの3の調味液を入れる(コンブはそのままでOK)

5

写真

菜箸で筋子をはさみ揺らす。
そうするとだんだん、筋子が調味液の中でバラバラにほくれきます。

6

写真

筋子の膜に残ったいくらは、手で粒を潰さないように外す。
(簡単に膜から外れます)

7

写真

いくらが全部、筋子の膜から外れ、膜だけがが残った所。
この膜は捨てます。

8

写真

タッパに7を移し、冷蔵庫で1晩寝かせます。

9

写真

1晩たつと、いくらがぷっくりと膨らみます。
これで完成です。

10

写真

いくらの調味液は少し切って、炊きたてのご飯に大葉と一緒にたっぷり乗せれば・・・

11

写真

いくら丼の完成です。
この日は塩レモンを少し乗せました。
お好みでカボスの皮のスリおろしをかけても美味しいです。

12

「生筋子」人気検索トップ10入りありがとうございます。

コツ・ポイント

調味液はアツアツの物をかける事で、筋子の膜が縮まりいくらが外れやすくなります。

5の時に菜箸ではなく手でイクラを外す事も出来ますが、手で外すといくらが潰れやすいので、菜箸を使う方がおススメ。

保存は冷蔵庫で4日位持ちます。

このレシピの生い立ち

いくらがたくさんのった丼が食べたくて、最初は付属のたれで作っていましたが、自分好みの味付けに改良して今のレシピになりました。
生筋子が出始めると毎年作る秋定番のレシピです。
レシピID : 4680158 公開日 : 17/08/24 更新日 : 17/11/09

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」