お湯を沸かしたついでに煮玉子を作ろう!

お湯を沸かしたついでに煮玉子を作ろう!
わざわざお湯を沸かさなくても野菜やパスタを茹でた後のお湯を利用して煮玉子を作っちゃおう!作り置きしておくとお弁当に便利!4~5日保存OK

材料

玉子
欲しい分だけ
お湯
玉子がしっかりお湯につかる位
麺つゆや豚の角煮の煮汁
玉子が浸かる位

1

野菜やパスタを茹でた後のまだ熱いお湯をミルクパンか何か小さめのお鍋に移す。その中にお玉を使って玉子をお湯に沈める。 ※お湯の量は玉子がすべてお湯につかる位。

2

お鍋を火にかける。すぐに沸騰すると思うので、沸騰したら火を止め鍋をおろし蓋をする。

3

20分(私はゆるめが好きなので18分くらい)で鍋のお湯を捨て、玉子を水にさらし火傷しないように熱いうちに皮をむく

4

麺つゆか豚の角煮の煮汁をビンに入れ、その中に剥いた玉子を浸ける。一日くらい浸けると、玉子の色が変わってきます。4~5日目くらいまで大丈夫。

コツ・ポイント

玉子は熱いうちに剥いて液に浸けると、よく煮汁が染込みます。火傷しないように注意!日にちが経つと玉子の黄身がやや固まってくる(写真は4日目)ので、とろとろの黄身が好きな人は一日目か二日目の間に頂いて下さい。

このレシピの生い立ち

煮玉子のためにお湯を沸かすのはもったいないので、いつも何か茹で物をしたときにまとめて作っています。冷蔵庫に常備しておくと何かと便利です。
レシピID : 468494 公開日 : 07/12/01 更新日 : 07/12/01

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」