お月見羊羹

お月見羊羹
超ミニサイズのうさぎがとってもキュートなお月見羊羹です♪今回は糊代わりに寒梅粉を使い、慌てずに作れるレシピにしています。

材料 (9人分)

羊羹とよ型1台分 羊羹1棹(9切れ分)
 
【ねりきり餡】
約10g
約25g
 
【錦玉羹】
120cc
粉寒天
2g
寒梅粉
約10g
 
【小倉羊羹】
190cc
粉寒天
4g
小豆餡
140g

1

写真

【準備】

・白と黄色のねりきり餡を用意する。

2

写真

・それぞれ3mm厚に伸し、白でうさぎを、黄で月を9枚ずつ抜いたら月にうさぎを重ねておく。

3

写真

4

写真

5

写真

【作り方】

【錦玉羹】
小鍋に水を入れ、粉寒天を振り入れて膨潤させたら火にかけて沸騰させる。

6

写真

寒天が完全に溶けたらグラニュー糖を加え、

7

写真

再沸騰したらアクをとり

8

写真

水で濡らしたとよ型に流し入れる。

9

写真

準備しておいたねりきりをうさぎを下に向けて等間隔に並べる。

10

写真

寒梅粉を茶漉しで振りかけ、完全に固まるまで常温に置く。

11

写真

12

写真

錦玉羹が固まったらとよ型をさかさまにして余分な粉を落とす。

13

写真

【小倉羊羹】

粉寒天を水に振り入れて膨潤させ、火にかけ沸騰させる。

14

(注)寒天は沸騰すると吹きこぼれやすいのでご注意ください。

15

写真

寒天が完全に溶けたらグラニュー糖を加える。

16

写真

再度沸騰したら小豆餡を加え、表面にツヤが出て、木杓子で掻いた時に鍋肌が見えるくらいまで中火煮詰めていく。

17

写真

(注)餡を加えると焦げやすいので火加減に注意して下さい。

18

写真

19

写真

20

写真

21

写真

錦玉羹の上に流したら、常温で熱をとってから冷蔵庫で冷やす。

22

写真

竹串やドレッジで周囲をはがし、型から取り出して切り分ける。(注)型を広げるようにすると空気が入り、はずしやすくなります。

23

写真

レシピで使用した商品

和菓子 生抜き 極小うさぎ【抜き型】馬嶋屋オリジナル

商品番号 MJ0310

24

写真

レシピで使用した商品

【クッキー型】ニューパテ抜き(丸)#2【直径約28mm】

商品番号  ET137-21-02

25

写真

レシピで使用した商品

羊かんとよ型 四角

商品番号 KM-YO-002

26

写真

27

写真

28

写真

29

写真

30

写真

31

写真

コツ・ポイント

羊羹は弱火でじっくりと煮詰めていくことが大切。本来寒天を二層にするときは一層目が半止まりの状態(完全に固まっていない状態)のうちに二層目を流さないときちんと接着しないのですが、その見極めは難しく、手際よく作らないと二層が分離してしまいます。

このレシピの生い立ち

美しい月を観賞し、収穫の秋に感謝する日本の伝統行事『中秋の名月』を可愛く演出する和菓子を考えてみました。
今回は小倉羊羹と錦玉羹の流し合わせです。
寒梅粉を使うことで夜空の煌めきも表現しています。
レシピID : 4688268 公開日 : 17/08/30 更新日 : 17/08/30

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

17/09/10

First tsukurepo mark
写真

うさぎに一目惚れして型を買って早速♪寒梅粉がいい仕事をしてますね

まおりん

つくれぽ ありがとうございました(*^^*)