アップルパイ

アップルパイ
パイ作りの季節がやってきました。わたしの大好きなりんごのパイです。★つくり方2番目のところ書き忘れた部分があり、少し変更しました。

材料 (10個)

りんご大(1個400g)
2個
砂糖
100g
シナモン
少々
●薄力粉
180g
180g
●塩
一つまみ
●バター入りマーガリン
200g
●冷水
200cc
卵(塗るため)
1個

1

りんごは皮をむき砂糖を入れて炊きます。最初は弱火で水分が出てきたら割合強めの火で炊き、割と生っぽい感じに炊き上げます。(りんごの酸味が足りなかったらクエン酸やレモン汁で補います。はっきりした味のほうがパイに合います)

2

パイの皮は●の材料で作ります。大き目のボールに2種類の粉を入れ塩も入れて軽く混ぜます。そこにマーガリンをドンと入れ、粉の中でスケッパーなどを使い3cm角ぐらいに切ります。さらに1,5cm角に切り粉を全体にまぶします。

3

そこに冷水を入れます。寒くなったら水道水で十分です。カードなどで水分と粉を混ぜてなじませます。なるべく手でじかに触らないようにします。

4

写真

ボールの中で生地を平らにし、カードで半分に切り重ねます。それをまた押さえて平らにし切って重ねます。もう一度同じことをします(全部で3回)。ラップをして冷蔵庫で休ませます。最初は30分休ませます。

5

粉をふった台に乗せ、麺棒で長方形に伸ばします。いきなり伸ばさずに、最初は麺棒で押さえて広げていきそれから麺棒を転がして広げます。15×45cmぐらいに伸ばします。

6

写真

20分冷蔵庫で休ませます。取り出して今度はさっきとは90度逆の方向に伸ばします。また20分休ませます。それをあと2回します。必ず1回ごとに休ませます。生地に指でしるしをつけておくと今何回目かわかります。

7

6まで出来たらあとはいつ使ってもOKです。私は半分は冷凍しておきます。解凍は冷蔵庫で。

8

写真

作った生地の半分を2ミリぐらいの厚さに伸ばします。約10cmの丸型で抜きます。10個ぐらい出来ます。円を楕円に伸ばします。半分の端っこに卵を溶いたものを塗ります。

9

写真

りんごをのせます。りんごをのせたら半分に折りたたみ、端っこをフォークで押さえます。

10

真ん中に十文字か斜めの切込みを入れ溶き卵を縫って、220~230度のオーブンで、5分、さらに180度で10分焼きます。

コツ・ポイント

寒くなってから作ります。
失敗したら、材料のせいかも。バターは高いのでマーガリンで作ります。最初は腕の問題か?と思っていましたが、材料に左右されることがわかりました。
Aのマーガリンはいつ作ってもバリバリの紙の様なパイ、Bは、いつもべたっとしたパイ、Cはやっとパイらしいのが出来る・・という具合です。製菓材料やさんのは割とうまく出来るようです。バターだと苦労しないのかな?

このレシピの生い立ち

パイが大好き・・ですがバターは高いし何回も作りたいし・・・でマーガリンで作っています。今はバター入りです。やっぱりバターの香りがおいしいです。
レシピID : 469563 公開日 : 07/12/03 更新日 : 07/12/04

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」