ボロネーゼのラザニエ

ボロネーゼのラザニエ

Description

ボリューム満点!アツアツのラザニエは寒い季節にぴったり。下ゆで不要だから手軽に作れるレシピです。記念日にもぴったり。

材料 (32×20×高さ5cmのグラタン皿1台分/3~4人分)

バリラ ラザニエ
9枚
パルミジャーノレッジャーノ
50g
バター(型用)
適量
とろけるチーズ
100g
<ボロネーゼソース>
牛ひき肉(または合いびき肉)
600g
玉ねぎ(みじん切り)
200g
にんじん(みじん切り)
60g
セロリ(みじん切り)
60g
150ml
カットトマト缶
2缶(800g)
塩、こしょう
各適量
<ベシャメルソース>
バター
100g
小麦粉
100g
牛乳
1000ml
塩、ナツメグ
各適量

作り方

1

写真

今回は「バリラ ラザニエ」を使います。

2

<ボロネーゼソース>を作る。鍋にオリーブオイルを熱し、玉ねぎ、にんじん、セロリを炒める。

3

全体がしんなりしたら、ひき肉を加えて炒め、肉の色が変わったら赤ワインを加えてアルコールを飛ばす。

4

トマト缶、ローリエを加え、ときどき混ぜながら30~40分煮て、水分が少なくなったら塩、こしょうで味をととのえる。

5

<ベシャメルソース>を作る。鍋にバターを入れて火にかけ、溶けたら小麦粉をふるいながら加える。

6

弱火で1分ほど炒め、泡だて器(またはヘラ)で混ぜながら牛乳を少しずつ加える。

7

とろみが付くまで混ぜ合わせ、塩、ナツメグで味をととのえる。

8

ラザニエは水にさっとくぐらせる。耐熱皿にバターを塗り、<4>を薄く敷き、ラザニエ3枚を並べる。

9

<4>を半量敷き詰め、パルミジャーノ1/3量をふり、ラザニエ3枚を並べ、<7>の半量を敷き詰める。

10

<9>をもう一度繰り返し、最後に溶けるチーズ、残りのパルミジャーノをふる。

11

220℃のオーブンで表面にこんがりと焼き色が付くまで20~30分ほど焼く。

コツ・ポイント

ボロネーゼソースとベシャメルソースの分量は型に合わせて調整してください。余った場合はパスタやドリアなどにアレンジしても。層の数も型の大きさに合わせて調整を。ソースを重ねたら少しおいてから焼き上げるとラザニエがより柔らかく仕上がります。

このレシピの生い立ち

ボロネーゼソースは古くからの美しい街並みの残るボローニャ地域の発祥です。ラザニエ(lasagne)はイタリア語でラザニア(lasagna)の複数形を意味しています。何枚も重ねて、層になったバリラのラザニエを楽しみましょう!
レシピID : 4701534 公開日 : 17/09/25 更新日 : 17/09/25

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

16 (16人)

20/06/06

写真

お店の味かと思った!チーズさいこーソースさいこーもっちりさいこー

月✳Iris

20/05/03

写真

stay homeで時間があったので作りました 美味しかった♪

ritu-n

コトコト煮込みは時間がある時こそですね!レポありがとう♪

20/01/15

写真

美味しくできました!結構沢山出来たので半量冷凍し後日戴きます!

もんBのごま和え

沢山作ってくれて感謝です!寒い季節にリピしたくなりますよね♪

19/08/08

写真

BARILLAのラザーニャが最高!茹でなくて便利ですよね!

CucinaAle

最高のお言葉ありがとう♪下ゆで不要な便利さをまたぜひ☆