ロマンチックな?お菓子の家

ロマンチックな?お菓子の家
クリスマスにはお菓子の家。去年に続いて2作目の今年は、キャンドルハウスです♪
トルコはイスラムの国のせいかお菓子の家を見て「誰の誕生日?」 って言われてしまいます。(悲)
扉の上がひび割れしていますが気にしないでくださいね~。

材料 (お菓子の家1台分)

クッキー生地
 バター
180g
 ヨーグルトまたは卵
100g
 小麦粉
360g
 ココア
10g
 ヘーゼルナッツ
30g
 紅茶のティーバッグ
1袋
 水
おおさじ3杯
アイシング
 粉砂糖
100g
 卵白
20g

1

写真

型紙を作る。
茶色はココア、オレンジ色はナッツ、黄色はプレーン、緑色は紅茶葉入りです。
ピンク色は余ったクッキー生地を使います。
水色部分はくりぬいて飾りにしたり、試食用。(笑)

2

【下準備】
型紙をきれいに洗って水気を拭き取る。
バターとヨーグルト(卵)は室温に戻しておく。
小麦粉をふるう
ナッツを細かく砕く。(包丁で刻む)ナッツの砕き方が粗いと型抜きのときに邪魔になったり、割れの原因になります。
ティーバッグから茶葉を出し、指ですりつぶすようにして細かくする。(包丁で刻む)

3

クッキー生地を作る。ボールにバターを入れてあわだて器で練り混ぜ、白っぽいクリーム状になったらグラニュー糖を2回に分けて入れ、その都度よくすり混ぜる。

4

ヨーグルトを加え、全体にムラがないようによく混ぜ合わせる。

5

小麦粉の半量を入れてゴムベラで混ぜ合わせたら、残りの小麦粉を入れてひとまとめになるよう混ぜ合わせる。

6

生地を4等分してそれぞれ容器に入れ、ひとつはプレーンで、他はココア、細かく砕いたナッツ、包丁で刻んだ紅茶葉を混ぜ合わせる。

7

オーブン用シートの上に生地を置き、麺棒で厚さ5mmに伸ばし(左右に割り箸を置くと◎)、ラップをかけて冷蔵庫で20~30分休ませる。
オーブンをあたためはじめる。(160℃)

8

ラップを外して型紙を置き、包丁に小麦粉を薄くつけながら型にそって上から下ろすようにして切る。(こうすると角が伸びて型崩れすることはない)

9

くり抜く分は、型抜きしてから抜いた分は元に戻す。(焼いた後で抜く)
余った残りの生地は全部まとめて厚さ5mmに伸ばし、土台にする。

10

天板に並べ、オーブンで焼き(160℃ 10分前後)く。粗熱が取れたらくり抜く部分だけ取り除き、オーブン用シートから外さず、そのまま冷ます。

11

飴を作る。
鍋にグラニュー糖と水を入れて中火にかけて煮詰める
茶色く色づいてきたら、均等な色になるよう鍋を回すように動かして、火を止める。
熱いうちに、くりぬいた部分に飴を流し入れる。

12

クッキーが冷めて飴が固まったら、いよいよ組み立て!
アイシングを作る。卵白に3回ふるった粉砂糖を少しずつ入れてよく混ぜる。レモン汁を数滴加え、よく混ぜる。
クッキーを組み立てる。
仕上げに粉砂糖をふりかける。

13

写真

14

写真

15

写真

16

写真

17

写真

18

写真

扉は、中にキャンドルが入れられるよう、くっつけずに乗せてあるだけ。

コツ・ポイント

オーブンシートの上で型取りし、余分な端っこを取り除き、シートごと天板にのせると型崩れしません。くり抜く部分も、型抜きしたものを元に戻し、焼いてからくり抜く方がいいと思います。
キャンドルの炎の熱が逃げるように、煙突を真ん中にしました。火を灯して3時間半は、なんともありません。でも火を消したときの煙が、クッキーに・・・このクッキーが食べられるかどうかはわかりません!自己責任でお願いします。

このレシピの生い立ち

今年もお菓子の家を作ろう!でも去年と違うものを・・・と思っていました。クリスマスといえば、キャンドル!お菓子の家の中にキャンドルを入れられるようにしてみました。
レシピID : 470566 公開日 : 07/12/05 更新日 : 07/12/05

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

14/02/16

First tsukurepo mark
写真

100円均一のライトを中に入れてみました(*^^*)

sharpay322

まさかの初つくレポ♪ありがとうございました。素敵ですね^o^