炭焼きしっとりバウムクーヘン☆アウトドア

炭焼きしっとりバウムクーヘン☆アウトドアの画像

Description

キャンプ や BBQで
楽しくバウムクーヘン作り。
HMと少ない道具でしっとり風味の良いバウムクーヘンが簡単にできます。

材料 (4~8人分)

300g (150g×2袋)
砂糖
75g
全卵
4コ
牛乳
110~130cc(卵のサイズで調整)
無塩バター(湯煎で溶かす)
100g

作り方

  1. 1

    写真

    その他用意する物:
    棒、アルミホイル。普通のホイルで全体を巻き、その上にくっつかないホイルを。両端はガムテープで止める。

  2. 2

    写真

    炭火(焚き火台)、軍手。Y字金具やペグを地面に挿して固定すると、1人でも焼ける。なければ2人で棒の両側を持ち、焼くと良い

  3. 3

    写真

    最初に、フライパンに粉物(ホットケーキミックス、グラニュー糖、アーモンドプードル)を入れる。ヘラかスパチュラでよく混ぜる

  4. 4

    写真

    さらに卵と牛乳を入れ、さっくり混ぜる。なじんだら溶かしバターを半分回しかけ、混ぜる。さらに残りも入れ同様に混ぜる。

  5. 5

    写真

    もったりとなじんだら生地の完成。
    火にかけるとゆるくなってボタボタ垂れてしまうので、少し硬めくらいでOK。

  6. 6

    写真

    くっつかないホイルなら油塗りは不要。スパチュラで棒を回しながら生地を塗りつけていく。垂れるのでフライパンの上ですること。

  7. 7

    写真

    炭火の上で回しながら焼いていく。熱で生地がゆるくなり、下に垂れそうになるので、流れていく生地を巻き取るように棒を回す。

  8. 8

    写真

    全体に焼き色がついたら、再び生地を塗り、焼く、を8~10回繰り返す。火加減にもよるが完成まで1時間程度かかる。

  9. 9

    写真

    あと1回生地を塗って焼いたら完成。
    焼き上がったら、お皿の上で棒ごと垂直に立てると、自身の重みで下りてきて棒が抜ける。

  10. 10

    写真

    完成サイズは直径15cm・長さ26cmくらい。
    粗熱が取れるまで、ふんわりアルミホイルをかけて冷ます。

  11. 11

    写真

    1cm幅のカットがオススメ。すぐに食べない分はラップに包んでおけば、翌日までしっとり食べられる。

コツ・ポイント

しっとりの決め手はたっぷりのバターとアーモンドプードル。パサつきを克服しました。
フライパンは、合わせて混ぜて、生地を塗り、その落ちてくる生地も受止め、と何役も。
「バウムクーヘンの長さ=フライパンの直径」
なのは、それが理由です。

このレシピの生い立ち

ボウルや泡立て器やバットなしに、キャンプの持ち物でバウムクーヘンができないか。洗い物も少なく手も汚さず・・・そこから手間をかけない方法を考えました。フライパンとスパチュラは、全部の工程で活躍。Y字金具や棒はホームセンターで調達してください。
レシピID : 4717844 公開日 : 17/09/20 更新日 : 17/11/06

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート

6 (6人)
写真
碧きりん
はじめは大人が頑張り、最後は娘たちが楽しく作ってくれ、GWの思い出になりました♪
#GW
写真
まゆ♪まゆ
ゴールデンウィークに作ってみました!美味しく出来て好評でした♡

つくれぽ感謝です。 しっとり感が写真でも伝わってきます。

写真
rikayuna
おいしくできました。

つくれぽ感謝です。 こんがり美味しそうに焼けましたね。

写真
2児のパパだ
炭火でじっくりと焼き上げました!砂糖は、多いかな?がベスト!

つくれぽ感謝です。 キレイな層がたくさんで美味しそうですね。