リンゴとレーズンのコンポート

リンゴとレーズンのコンポート
リンゴの歯ごたえが良く、はちみつとレモンの程よい甘さが絶妙です。

材料 (4人分)

リンゴ
300g(1個)
レーズン(干しぶどう)
50g(大さじ2)
150g(3/4カップ)
22g(大さじ1)
15g(大さじ1)

1

リンゴは皮と芯を除き、一口大に切る。

2

鍋に材料全てを入れ、落しぶたをして中火にかけ、15分程煮る。

3

リンゴが透き通り、水分が半分くらいになるまで煮たら、火を止める。

4

あら熱が取れたら、汁ごと冷蔵庫で冷やす。

コツ・ポイント

このレシピは、野菜使用量0g、食塩相当量0g、エネルギー56kcal(1人分当たり)です。
リンゴの代わりに梨を使用してもよいです。鍋で煮る時は焦げないように火加減に注意してください。
冷蔵庫で冷やす時は、常温に戻してからにしましょう。

このレシピの生い立ち

川口市食生活改善推進員協議会から、塩分ひかえめ、野菜たっぷりの「埼玉県コバトン健康メニュー」として提供された献立「レンコンの鶏つくね丼★半熟卵のせ♪の定食」のデザートです。詳しくは、検索サイトで「埼玉県コバトン健康メニューレシピ」で検索!
レシピID : 4733687 公開日 : 17/10/06 更新日 : 17/10/06

このレシピの作者

埼玉県には、地元で愛されてきた郷土料理や、新鮮な地場産物など魅力的な「食」がたくさん!公式キッチンでは、そんな埼玉県の「食」を気軽に楽しんでもらえるようなレシピを掲載しています。 ☆埼玉県の魅力は「彩の国インフォメーション」にも随時掲載しています。ぜひご覧ください。https://www.pref.saitama.lg.jp/s-info/index.html

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

17/10/31

First tsukurepo mark
写真

風邪をひいて作ったら胃に優しくて美味しかったです!

クック6Y76M0☆

作ってくださりありがとうございます!またぜひ作ってください♪