秋刀魚の塩焼きとしめじご飯

秋刀魚の塩焼きとしめじご飯
お魚の塩焼きは塩使いがポイントです。いい塩梅を押さえましょう! しめじご飯にはえのきだけも入れました。

材料 (2人分)

しめじご飯
2合
しめじ
1パック
えのきだけ
1/2袋
油揚げ
1枚
適量
なめ茸(瓶詰)
大さじ3
大さじ2
ひとつまみ
秋刀魚の塩焼き
秋刀魚
2尾
小さじ2
小さじ2
大根おろし
適量
かぼす
1個
 
「妖怪アパートの幽雅な食卓」レシピ考案 野口玲子

1

写真

しめじご飯を作ります。しめじは石づきを取り除き、えのき茸は根本を切り落とし、それぞれ長さを3等分します。

2

写真

油揚げは軽く湯通しし、細かく刻みます。しょうがは千切りにし、水に放おっておきます。

3

写真

炊飯器にといだ米と酒、薄口しょうゆ、塩を入れ、水を規定量まで加えてから、しょうが以外の材料となめ茸を加え、炊飯します。

4

写真

炊きあがったら軽くほぐし、しょうがを混ぜこみできあがりです。

5

写真

サンマは冷水で洗い水けを拭き取って、塩をまぶす。15~20分おき、出てきた水分を拭き取ったら、酒を塗り、軽く塩をふります

6

写真

温めておいたグリルやロースターなどで強火で8~10分焼きます。

7

写真

頭が左、腹が手前になるように器に盛り、大根おろし、4分の1に切ったかぼすを添えて、しめじご飯と一緒に召しあがれ。

コツ・ポイント

塩かげんは「塩ふり3年」という言葉もあるほどで、プロでも均一に味をつけるのは難しいものです。「肉は重量の約1%の塩を焼く直前に。魚は2~3%を10~20分前に」と覚えておくと役に立ちます。

このレシピの生い立ち

新鮮な秋刀魚は、ほろ苦い腸までおいしくいただけますよ。腸を肴にしていた一色さんは「さすが、るりるり。わかってる—」と喜んでくださいました。
昔から「香り松茸、味しめじ」といわれるほど、うまみの多いしめじは炊き込みごはんにしました。(るり子)
レシピID : 4741202 公開日 : 17/10/16 更新日 : 17/10/16

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

2 (1人)

17/11/03

写真

しめじご飯も作りました!簡単に美味しく作れました♪

ロイヤルミルク♪

17/11/01

First tsukurepo mark
写真

ふっくら美味しく焼けました!しめじご飯もまた挑戦します!

ロイヤルミルク♪

BOOちん 2017年10月17日 06:49
秋らしいメニューありがとうございます!
炊き込み系は苦手であまり作ったことがないですがチャレンジしてみます٩(>O<)۶