ふんわり焼ける☆たまごやきのコツ☆

ふんわり焼ける☆たまごやきのコツ☆
味付けは、塩昆布におまかせ☆
牛乳を入れることで、ぱさつかず、お弁当にもオススメですよ~

材料

2個
牛乳
大さじ1~2
塩昆布
大さじに山盛り~
サラダ油
適量
(↓塩昆布なし)
塩・砂糖
適量

1

写真

卵をボウルに割りいれ、塩昆布と牛乳をいれる。箸で大きく混ぜる。(泡だて器を使うように回す感じで)卵白の透明が程よくプカプカしてます。
写真は鮭フレークVr.

2

写真

卵焼き器や、フライパンを、中火でしっかり熱し、多い目のサラダ油を引く。(卵焼き器で、大さじ1/2~1くらい)

3

写真

1の卵液を、ひと混ぜして(具が沈んでるので)1/4程を流し込む。周りが固まったら、手早く奥から(手前でも。やりやすいほうで)巻いていく。4つ折になるように。

4

写真

(奥から巻いた場合)油引きか、油をしみ込ませたキッチンペーパーで、奥に油を塗る。

5

写真

卵をずらして、奥にやり、手前にもキッチンペーパーで、油を塗る。

6

写真

3を繰り返す。ただし、流した卵液が下にもいくように箸で焼けた卵を持ち上げる。
巻くと、厚くなっていくので、だんだん3つ折りになっていく。

7

写真

4・5を繰り返す。卵液がなくなるまで、同じように繰り返していく。私はだいたい4回くらい巻いてます。
写真はラストの巻きです。

8

写真

完成は間近!
卵焼きの側面が半熟なのと、焼き色をつけるために端によせて少し焼きます。

9

写真

ひっくり返したり回したりして反対も焼けるようにします。

10

写真

2007.12.15 材料見直し&ポイントと写真追加しました。
☆牛乳大さじ2にすると、結構ゆるいです。うまくいくか心配な方は大さじ1くらいで。慣れたら増やしてね♪
写真はうちのIH。8段階の4(弱中火)で焼いてます。

11

写真

鮭フレークvr.
牛乳大さじ2を入れて。若干ゆるめで巻いてるときに、卵が崩壊しかけてました。そんな時は、慌てず、箸で卵を刺して折りたたんでいき、形を整えるといいです。うまく焼けたらわかりませんし、ゆるい分、ふわふわな仕上がりです♪

12

写真

塩昆布Vr.です☆ 塩昆布が水分をすってくれる(気がしてます)ので、牛乳は多い目でもいいかなと思います。

コツ・ポイント

1で、卵は混ぜすぎないこと。もうちょっと混ぜたいなと思うくらいかな? 塩昆布以外に、鮭フレークもよく入れます。塩・砂糖の味付けは必要だけど、青ねぎやシーチキン、もちろんプレーンの卵焼きもおいしいです♪

このレシピの生い立ち

お弁当に入れる卵を焼くうちに、自分で納得のいくものが焼けるようになったのが、うれしくて…!
レシピID : 474392 公開日 : 07/12/13 更新日 : 08/11/21

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

2 (2人)

10/08/23

写真

牛乳入れるだけで、いつもよりボリュームUPです★

aya^(・T・)^

作ってくださって嬉しいです^^ありがとうございます!!

09/06/01

First tsukurepo mark
写真

塩昆布の味付けでこんなに美味しい忙しい朝に助かりましたごちそう様

ナゾリーヌ

しっとりおいしそう♪嬉しいです♪ありがとうございます♪