ハロウィーン★カボチャのアイスクリーム

ハロウィーン★カボチャのアイスクリーム

Description

添加物ナシ、やさしい甘さのカボチャの手作りアイスクリームです。ほとんど同じ手順でできるトマトのアイスもオススメです。

材料 (8個分)

カボチャ
700g
牛乳
200ml
1個
砂糖
70g
1つまみ
200ml

作り方

1

写真

カボチャにラップをして、電子レンジ(500W)で10分加熱。種をスプーンで取り出そう。

2

写真

カボチャの実をボウルにいれて、スプーンでつぶすよ。皮が少し入ってもOK。残った皮は三角に切って飾りに使おう。

3

写真

手順2のボウルに、牛乳と卵黄を入れよう。

4

写真

ハンドミキサーでポタージュ状になるまで混ぜて。飛ばないように、真上からまっすぐ混ぜるのがポイント。

5

鍋を弱火で熱し、ぷくぷくしたら一度火を止めて。

6

砂糖50gと塩ひとつまみを入れ、ゴムべらで混ぜてとかして火にかけ、もう一度ぷくぷくしたら火を止めよう。

7

写真

ザルでこすとなめらか食感に。

8

写真

別のボウルに、砂糖20gを入れ、氷水を入れたボウルに重ねて冷やしながら、ハンドミキサーで八分立てになるまで泡立てる。

9

写真

八分立ての目安は、持ち上げて垂らした時に写真のような山ができ、すぐ消えるくらい。

10

写真

カボチャに、泡立てた生クリームを3分の1ずつ分けてまぜる。冷凍できる容器に入れたらテーブルにたたきつけて空気を抜く。

11

写真

数時間おきに混ぜて、冷凍庫で1日凍らせたら、ほっくりしたカボチャアイスの完成!

12

動画も公開しています。
http://www.yomiuri.co.jp/stream/?id=07151

コツ・ポイント

その他の野菜アイスは…
★トマト
ミキサーにかけたミニトマト1パック約200gがベース。卵黄は入れず、その他の材料は同じ分量。生の卵黄を入れないので、火にかける手順は省いてOK。
★サツマイモやニンジンは、卵黄も入れ、カボチャと同じ手順で。

このレシピの生い立ち

料理研究家の植野美枝子さんが監修。子どもと簡単に作れる工夫満載の「できちゃうクッキング」は、読売KODOMO新聞で、毎月第1週に好評掲載中!
動画はYouTubeでも見られます。「読売KODOMO新聞 できちゃうクッキング」で検索してね。
レシピID : 4750038 公開日 : 17/10/09 更新日 : 18/02/05

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」