美味しい鯖料理を作るための下処理方法

美味しい鯖料理を作るための下処理方法
ちょっと下処理をするだけで、鯖の臭みが抜けて美味しく食べれる!縮み防止と柔らかく仕上がります。

材料 (二人分)

半身

1

写真

《鯖の下処理》
鯖の骨を、ピンセットで取る。
【PT1】鮮度を保つ為に、出来るだけ触りすぎないこと

2

写真

食べやすい大きさにカットする、
(本レシピでは半分にカット)

3

写真

身の厚い皮部分に、包丁で5mm位の深さで、×に切り込みを入れる。
【PT2】皮の破裂を防ぐために切り込みを入れる

4

写真

ボールに鯖を入れ、その上から沸騰したお湯をかける。この方法を霜降りと言う。
【PT3】血合いや滑りを落とし生臭さを消す為

5

写真

キッチンペーパーで、鯖の水気を取る。
下処理は、ここまで!次からは、色々な料理にも使える!

6

写真

【アレンジ】
オリーブ香る塩焼き!
レシピID 4748080

7

写真

【アレンジ】
定番の鯖味噌
レシピID 4749678

8

※皆さんならどんな鯖料理を作りますか?
よかったら「つくれぽ」お待ちしてます!

コツ・ポイント

【鯖の下処理PT】
1)骨を取る時は、ベタベタ触りすぎない!
2)皮に切り込みを入れる
3)お湯をかけて臭みを取ろう!

【臭みを取る方法】
1)霜降りをする
2)お酒で煮る
3)しょうがなど薬味を入れる

このレシピの生い立ち

サバは大変脂の多い魚で、豊富な脂質は栄養面でタンパク質を補い、体力をつける働きがあります。

【効果】
ふくみ予防、免疫力向上、生理痛軽減、美肌維持、肌トラブル予防

【旬】
秋鯖 10月~11月
寒鯖 12月~2月
レシピID : 4750358 公開日 : 17/10/09 更新日 : 17/10/10

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」