コーヒーをはじめから焙煎アイスコーヒー用

コーヒーをはじめから焙煎アイスコーヒー用
生豆を煎る、って出来ないって思ってたんですが、やってみたら出来たんです。出来ないって思ってた事が出来るって、嬉しいです!

材料 (数日分)

調理時間
20~25分
コーヒー生豆
200g

1

写真

写真、見づらくてゴメンなさい!!

焙煎しながら写真とるって、結構大変で、焙煎し終わって見たら、

2

写真

暗めの写真になっていました。

暗いけど、目を細めて見たりすれば、少しだけ見え易くなるので、

3

写真

もし良かったら、そうやって見てください。

レシピの紹介って、美味しいからとか、良い事で紹介すると思います。

4

写真

そうなると、今回コーヒー焙煎なので「美味しいコーヒーの作り方」とかの
紹介になりそうですが、実はそうじゃないんです。

5

写真

ゃあ、何を?

ってなりますが、今回ここで紹介したいのは、「たのしい時間」なんです。


と、言うのは・・・・・・


6

写真

一般的なイメージで「○○したて」って新鮮で美味しいイメージがあるじゃないですか?

例えば・・・・・

7

写真

朝もぎたてのトウモロコシ、摘みたてのイチゴ、焼きたての焼き鳥

どれも、美味しそうなイメージがあります。

8

写真

でも、コーヒー焙煎に至っては、美味しくないです。


美味しくない、なんてオブラートに包んだ言い方をしましたが、

9

写真

そんなんではなくて直接的に言えば、


不味いんです。

でも、不思議なのが、その数日後は美味しくなっているんです。

10

写真

この数日と言うのが、大体3日。

焙煎して3日後位から、コーヒーはホントに美味しくなるんです。

11

写真

でも、その日まで「今回煎り過ぎたかな・・・」

とか、


「今回、良い感じだと思うんだけど」とか

12

写真

この3日間、煎ったコーヒー豆を見ながらひたすら待つ、これが結構楽しいんです。

13

写真

ぜひ、この楽しい時間を味わって欲しいと思っています。

14

考えますと焙煎したコーヒーを手に入れる、なんて今時どこにでも売られているので、
手に入れる事は難しい事ではありません。

15

でも、この3日間はどこにも売られていません。煎った人でないと知る事の出来ない時間なんです。

16

その後は、コーヒーも味わって下さいね。
*********
焙煎の仕方

17

フライパンに油も何も引きません。


そこにコーヒーの生豆を入れ、着火します。

これ、逆でもいいです。

18

その時火加減は、中火より若干弱めです。

弱めと言いましたが、弱火ではないです。

19

片手にヘラ、片手にフライパンを持って煎ります。

今、ヘラと言いましたが、泡立て器があればその方がやりやすいです。

20

煎り始めて少し経つと、コーヒーの皮が取れ始めます。


この皮なんですが、爽やかな飲み心地がお好みなら、

21

この時この皮をフーーーーってして飛ばしてあげると良いです。

または、パンチのあるコーヒーがお好みなら、

22

そうしている内に、コーヒー豆から、パチン、パンって弾ける音がしてきます。結構大きい音がします。
と同時位に煙も出てきます

23

そして更に続けるとしなくなった音が、またし始めますが、今度はさっきより小さな音がします。

24

さあ、この位から豆もかなり黒くなり始め、出来上がりに近づいてきます。
売っているコーヒーは、この位の焙煎加減でしょうか。

25

でも、自家焙煎のアイスコーヒー用なので、もうちょっとやります。
すると油も出てきます。

26

どの位まで焙煎するかの頃合いを見るのは、経験しかありません。

でも、初めての場合は、その経験がないので、

27

アイスコーヒー用の場合は、黒くなって油が照りはじめ

豆をみると、黒が全体だけど、若干こげ茶が残る位でやってみて下さい。

28

さあ、焙煎が終ったらバットに移して、団扇で仰いでください。

これ、意外に大切です。


と、言うのも

29

、ここで仰いであげないと、焙煎がバットに移してからも進んでしまうんです。

30

だから団扇で扇いで、温度を下げてそれを防ぐんです。


適度に下がったら、あとは放置して常温まで下げます。

31

常温になったら容器に入れ、3日待ちましょう。この3日間、楽しんで下さいね

最後まで読んで下さりありがとうございました。

32

鉄のフライパンをお仕立てしています「あじねフライパン」内田

そうそう。皮をふ~~~って飛ばすと、

33

調理台が凄い事になりますが、
これ、やるのと、やらないのでは、こし餡と粒あん位ちがいます。

34

この表現↑、ややこしかったかな・・・・・・

深めで軽く作ったフライパンで煎りました。今回も美味しいのできました。

コツ・ポイント

このレシピの生い立ち

生豆を頂き、それを煎ってみたのが切っ掛けです。で、この楽しさを知ってしまったので、たまに家族のリクエストがあったりした時は煎っています。はじめは戸惑う事もありますが、大丈夫!楽しんでやってみてください。そうそう、喚起は忘れずに!!
レシピID : 4750974 公開日 : 17/10/13 更新日 : 17/10/15

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」