お菓子の家☆2007☆クリスマス

お菓子の家☆2007☆クリスマス
娘の希望で、今年は生地を変更、子供達が大好きなココア生地にしてみました。

材料

<家の生地>
バター
160g
1個
チョコレートリキュール(なければ牛乳)
大さじ1
☆簿力粉
200g
☆ココア
50g
☆塩
小さじ1/2
<土台の生地>
無塩バター
160g
180g
1個
※簿力粉
300g
※シナモン
小さじ1/2
大さじ1
※クローブ
小さじ1/2
小さじ1/2
<アイシング>
粉砂糖
150g前後
卵白
1個分
少々
抹茶
少々
<その他>
デコレーションシュガー、アラザンなどの飾り
適宜
粉砂糖
少々

1

バターと卵は室温にもどしておく。☆の材料をあわせてふるっておく。

2

バターをクリーム状になるまで混ぜてからグラニュー糖を3回にわけて加え良く混ぜる。

3

卵を少しずつ加え、分離しないように良く混ぜ、チョコレートリキュールも加えて混ぜる。アーモンドプードルも加えて良く混ぜる。

4

ふるっておいた☆の材料をもう一度ふるいながら加え、木ベラで練らないように混ぜる。粉っぽさがなくなったらラップにくるんで冷蔵庫で1時間以上、生地を休ませる。

5

生地をクッキーハウスの型にぎゅうぎゅう押し込むようにしながら隙間なくしっかり詰める。

6

型がない場合は、厚紙などでハウスの分解図をつくり、5mm厚さにのばした生地に当ててナイフでカットしても可。

7

写真

私が使用したハウス型の寸法ですが、8cm×13cm(屋根)2枚、7cm×12cm(壁1)2枚、7cm×10cmの長方形の上に高さ5cmの2等辺三角形ののった5角形(壁2)2枚、煙突等がついていました。

8

160℃で温めておいたオーブンで20分焼く。冷めるまでは柔らかいのでしっかり冷ましてから型からはずす。

9

写真

土台部分を焼く。残った生地を焼いてもいいし、違う生地で変化をつけても。今回はジンジャーブレッドの生地にしました。表面に少しヒビが入っていますが、組み立てるときアイシングを塗って補強すれば大丈夫です。

10

<土台生地の作り方>手順は家の生地と同じ。クリーム状のバターに三温糖、はちみつ、卵の順で順番に加えていき、※の粉類をあわせてふるったものを加えて混ぜる。冷蔵庫で休ませてからお菓子の家の床面積(12cm×10cm)よりも大きくのばして焼く。

11

写真

アイシングの作り方>ふるった粉糖と卵白をよく撹拌してレモン汁も加えさらに撹拌する。固さは粉糖の量で調整(少し固めのほうが接着しやすいです)。お好みで食紅、抹茶等で色付けしても。固さは上からたらしたとき跡が残るくらい。

12

組立については、レシピID:313176「お菓子の家」をご参照下さいね。装飾は、アイシングを色付けして描く方法もありますが、5才の娘には難しいので、かわいいデコレーションシュガーやアラザンを使用。小さなお子様と一緒に作る方にお勧めします。

13

写真

壁の部分は組み立てる前に模様を描いておいたほうがやりやすいかなと思います。アイシングで線を描いてデコレーションシュガーで飾ってます。屋根の部分は組み立ててからの方がいいです。

14

写真

残った生地で型抜きクッキーを作りました。お菓子の家の回りに飾ったり、組み立てる途中で家の中に入れておくと、プレゼントやパーティーでみんなで食べるときに喜ばれます♪(保存期間が長い場合は一緒にシリカゲルも入れるとなおよいと思います)

15

写真

屋根の部分。今年は5才の娘が一人でデコレーションしました♪粉砂糖少々を茶こしに入れて降りかけると粉雪が降ったようです。

16

写真

手順13で作ったツリークッキーに抹茶で色付けしたアイシングを塗ってアラザンで飾り付け。トップの☆も13のクッキーです。こちらは白いアイシングで縁取りしました。アイシングで土台と接着。

17

写真

こちらもアイシング(目)、デコレーションシュガー(女の子の首もと)、アラザン(男の子のボタン)で飾り付け。

18

写真

こちらの小さいツリーはアイシングのみで。玄関ドアにはデコレーションシュガーとピンクアラザンでヒイラギをつけました。

19

写真

煙突はこちらにつけました。途中で一度折れてアイシングで接着、補修しました。

20

写真

煙突の後ろ側から。

コツ・ポイント

生地は焦がさない程度にしっかり目に焼いて下さい(日もち、強度などのためです)。

このレシピの生い立ち

今年は、娘のリクエストでスパイスは加えず、ココア生地にしました。
レシピID : 475631 公開日 : 07/12/23 更新日 : 07/12/23

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」