牡蠣ギョーザ☆いくらでも食べられちゃう☆

牡蠣ギョーザ☆いくらでも食べられちゃう☆
はねつきで焼くと、皮はカリカリ、中は蒸し焼き状態で、あっさりジューシー♡ いくらでも食べられちゃいますよ! 小粒の牡蠣がたくさんあったので、作ってみました。大きいと包めないので、ちっちゃいベビーサイズの牡蠣で作ってみてくださいね。

材料 (25個分(3~4人分))

牡蠣(小粒のもの)
25~30個
ネギ
2/3本
ひとかけ
日本酒
大さじ1
白コショウ
少々
大さじ1〜2
ギョーザの皮(大)
25枚
サラダ油
適量
小麦粉
小さじ1
カップ1/2〜2/3
少々
酢醤油・ラー油
お好みで

1

写真

牡蠣のむき身は、塩水でよく振り洗いをしてから、水気をよく切り、酒をかけてしばらく置いておきます。身が酒を吸って、ふっくらふくらみ、加熱後の縮みを防ぎます。

2

写真

ネギとショウガは、2cm位の短い千切りにします。皮に包むのが苦手な人は、みじん切りの方が良いかもしれません。

3

写真

牡蠣が酒を吸ってふくらんだら、1と2を合わせ、白コショウを振り、片栗粉を加えます。水っぽいときは、片栗粉でまとめるか、水分を捨てるようにしてください。

4

ギョーザの皮で包みます。具はスプーンで取るようにした方が良いようです。ネギだけの「ハズレ」も作っちゃいました☆

5

はねつきギョーザの焼き方               テフロン製のフライパンに油を熱し、ギョーザを並べたら、小麦粉小さじ1を溶いた水(カップ2/3くらい)をフライパンに流し込みます。大体ギョーザの高さの2/3位までです。

6

フライパンにフタをし、水分が無くなってくるまで強火で蒸し焼きにします。水分が無くなり、泡が大きくなってきたらフタを開け、更に水分を飛ばします。

7

フライパンの周りが焦げてきたら、フライパンの周りの方からごま油を回しかけます。ちりちりと音がして、ハネが剥がれやすくなります。フライ返しで鍋の周りを1周くるりとなぞると、簡単にハネが剥がれてきます。

8

写真

フライパンより大きいお皿をフライパンに被せ、えいっとひっくり返します。火傷しないように。

9

牡蠣だけに、酢醤油が非常に良く合います。ラー油もバッチリです!

コツ・ポイント

水が出るので、塩は振らないこと!
包んだあと、すぐ焼くようにしましょう。新鮮なものが美味しいので。

このレシピの生い立ち

今日、たくさんある牡蠣のむき身、どうしよう・・・と職場でぼやいたら、先輩が「あたしギョーザにするのすきなんだ〜、白髪ネギ入れたりしてさぁ いくらでも食べられるよ〜」と言いました。何か美味しそうに思えたので作ってみたら、いくらでも食べられちゃうお味でした☆
レシピID : 475837 公開日 : 07/12/16 更新日 : 07/12/27

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

15/12/05

First tsukurepo mark
写真

牡蠣の新しい食べ方ですね!ハズレも好評でした(^_^)

citrus22yk

うわあ挑戦して下さってありがとう! 感謝感謝です☆