■今すぐできるじゃがアート練り切り■

■今すぐできるじゃがアート練り切り■
どこの家庭にでもあるアレでできています。こちらには自己流ですが、練り切りを作る時のぼかしや透かしに役立ちそうな手順を載せてあります。生地の作り方は参考レシピを見てください。

材料

じゃがアートの生地
黄色、ゆで卵の黄身
適量
紫、紫芋パウダー
適量
ピンク、食紅赤
適量
緑、抹茶
適量

1

写真

①グラデーション。つなげたい色を棒状にしたら、接合部分が斜めになるように重ねる。麺棒で伸ばす。

2

写真

両端を切り落とし、丸めた生地や小豆餡の上にかぶせる。

3

4

写真

②透かしが入った花。一番外になる生地を丸く薄めに伸ばし、透かしたい色を棒状にして(水玉でも)乗せる。餡を丸めたものを包む。中は小豆餡でも美味しいです。

5

写真

スプーンやフォークを使って押すようにして線を入れる。中心を指でくぼませる。

6

7

写真

黄色の生地を漉し器にムニュっと押し付け、出てきたものを潰さないようにそっと取りくぼませたところに乗せる。爪楊枝が使いやすかったです。

8

写真

外がピンク中に紫を入れて作りました。

9

写真でも分かるように濃い色で作ってありますが、和菓子は淡い色の方が綺麗です。

10

写真

③ヒヨコ。黄色い生地を楕円形に丸める。羽となる部分に白い生地を張り合わせる。ラップで茶巾絞りのように絞る。

11

写真

くちばしをつまんで、黒胡麻で目をつけたら完成。なんとなくそれらしく見えますかね?

12

13

写真

⑤花のぼかし。ピンク生地を丸めたところに白生地を張り、中心から外側に向って指でぼかす。真ん中に黄色生地を置き指でくぼませる。緑生地で葉っぱを作って貼り付ける。

14

写真

⑥おまけの花。手順1のグラデーションでピンク生地と白生地を繋ぎ伸ばす。白生地を上にしてクルクルと丸めて形を花のように整える。

コツ・ポイント

生地の作り方と色は参考レシピを見てください。参考レシピにある分量で練り切り風が6個くらい作れました。適度に水分を飛ばした小倉餡を包んでも美味しいです。

このレシピの生い立ち

テレビで練り切りを作っているところを見たことがあります。こんな風な事をやっていたような気がします。私は不器用なのでこれが限界です・・・。店頭に並べられている練り切りを観察してきます(笑
レシピID : 476618 公開日 : 07/12/19 更新日 : 07/12/19

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」