甘みと柔らかさが自慢!金山町姫ます寿司

甘みと柔らかさが自慢!金山町姫ます寿司

Description

お祝い事やおもてなしにピッタリな押し寿司☆
奥会津金山町の特産をご自宅でも作ってみませんか?

材料 (2人分)

ヒメマス(サーモンや鱒でも代用可)
2、3匹
ご飯
1合半(200~250g)
昆布(昆布茶でも代用可)
適量
適量
適量
45cc
(以下はお好みで)
ガリ
30g
大葉
3枚
笹の葉
1枚

作り方

1

1. ヒメマスを3枚におろし、骨を取り除く。身の2枚の皮をはぎ、水で洗いキッチンペーパーなどで水気を取る

2

乾いた昆布を軽くぬらして表面をふき取る

3

バットに昆布を半分敷き、塩少量をまんべんなくふる

4

3の上に1のヒメマスを並べ、再度塩少量をまんべんなくふり、その上に残りの昆布を載せる(昆布と少量の塩でヒメマスを挟む)

5

4にラップをして冷蔵庫で一晩おく

6

米を炊き、寿司桶(なければ広めのバット)に入れる

7

6の米に寿司酢を入れ、うちわなどで冷ましながら5分程度しゃもじで切るように手早く混ぜ、水気を飛ばす

8

ある程度冷めたら、完全に冷めるまで濡れたタオルをかぶせて蒸らし置き
  する

9

8の酢飯が冷めた頃合いを見て、5を冷蔵庫から出し、醸造酢でさっと酢洗いし、キッチンペーパーなどで押さえてよく酢を取る

10

お好みで押し寿司を作る直前に、8の酢飯に刻んだガリと大葉を混ぜ込む

11

押し型に、開いた身を下にしたヒメマスを並べ、その上に酢飯を平らに入れ、上にふたをして押す

12

11を押し型から出し、食べやすい大きさに切って、お好みで笹の葉を敷いて盛りつけたら完成

コツ・ポイント

押し型はタッパーでも代用OK!同サイズのタッパーで押します。ラップを使って手まり寿司にすると、見た目が可愛く子供にも喜ばれる一品に☆
塩はかけすぎず、昆布と少量の塩でヒメマスを挟み、さっと酢洗いすることで川魚特有の臭みが消えますよ♪

このレシピの生い立ち

金山町の「企業組合おく愛ズ」で教えていただきました。「金山町の特産品で地域を盛り上げようと、金山町沼沢湖に生息するヒメマスなら美味しい押し寿司になるだろうと考え、地元を愛するメンバーとともに何十回も試作を重ねて完成しました」(目黒理事長)
レシピID : 4777897 公開日 : 17/10/27 更新日 : 17/10/27

このレシピの作者

「はら食っち~な ふくしま」には、ふくしまの農林水産物を「はらくっち(方言でおなかいっぱい)」くらい食べてほしいという思いを込めました。
福島県には、地域ごと変化に富んだ豊かな気候風土だからできる、おいしい農林水産物がいっぱい。生産者の愛情がつまった‘‘おいしいふくしま’’を使った料理を作ろう!
みんな一緒に「はら食っち~な♡」
ホームページはこちら→http://bit.ly/1Pj3B70

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」