トマトソーススパゲッティ(ピッツァにも)

トマトソーススパゲッティ(ピッツァにも)
例えここまででもお目を通して頂けたらどうもです。自分や私でもこんなのが出来たとのお声をお聞きしたくてお載せ致しました。

材料 (10~12人分くらい)

ソフリット用食材、調味料
玉葱中玉
1個
人参中サイズ
1本
ブラウンマッシュルーム(ホワイトでもOK)
1パック、7~8個
大さじ3、40~50ccml
大さじ2/3、10ccml
お水
適量(詳しくはレシピに記載)
基本のトマトソース用食材
ハーフベーコン
3パック
ツナ缶(小)、オイルサーディンに代えてもOK
2~3缶
玉葱中玉
1~2個
ブラウンマッシュルーム(ホワイトでもOK)
2パック、16個くらい
茄子
お好きな分だけ
ズッキーニ
茄子とズッキーニのあくぬき用塩水
適量
☆ボイルエビ
1パック、100~150g
☆ボイルイカ
☆生食用タコ
☆ベビーボイルホタテ
☆ミニトマトかフルーツトマト(お好みのトマトでOK)
お好きなだけ
基本のトマトソース用調味料
☆お好みのパスタ用トマトソース(サンクゼールトマト&ガーリックを使用)
1瓶
☆ダイスカットトマト缶詰
2缶
☆カゴメ高リコピン超濃縮野菜一日これ一本
1本
☆oneコンソメ分包スティック
1本、6g
☆oneチキンブイヨン 〃
☆oneフュメドポワソン 〃
☆アンチョビフィレ or ペースト
小さじ1
☆お好みで砂糖
小さじ1/2~2/3
大さじ1~1.5、15~20ccml
ピッツァ風に仕上げる場合
ドライバジル or 生バジル
お好きな分だけ
ドライオレガノ
お好みで赤唐辛子(原型のまま)
1~2本
昆布水だし
100~250ccml
蟹クリーム風に仕上げる場合
蟹解し身缶詰
2缶
ハインツアメリカンソース
1缶
50~100ccml
バター
大さじ2/3くらい
昆布水だし
100~250ccml
トッピング用のモッツァレラチーズ
1袋
スパゲッティ用の材料
スパゲッティ
一人分約80~150g
スパゲッティ用茹で汁
袋記載参照
スパゲッティ茹で汁用のお塩
頂く際のお好みのトッピング
適量
パルメザンチーズ
タバスコ

1

写真

昆布水だし(水1Lくらいに昆布3~5cmを入れて常温か冷蔵庫で一晩寝かせておく)を用意しておきます。昆布だしでもOK!

2

必要な食材を洗ったり切り揃えたりします。茄子とズッキーニを加えるのであれば好きな形に切り揃えて塩水に浸しておきます。

3

写真

ソフリット用食材は全部すりおろしか、それに近いくらいのみじん切りにしておきます。食感用玉葱はざく切り、ベーコンは短冊切り

4

、マッシュルームは1パックが半切りで1パックはそのまま。トマトはヘタを取り半量は半切りで残りはそのまま。

5

写真

イカとタコは共に1/3くらいを子供やお年寄りも食べ易いように、またダシが出易いようにハサミで細かくしました。

6

写真

ツナ缶は蓋を少し開けて傾けて余分な油脂分を切っておきました(油脂分加えたければそれでもOK)。ソフリットを作ります。

7

写真

熱した鍋にグレープシードオイルを引きソフリット用食材を途中、焦げ付きそうになったり水分が無くなってきたら白ワインや→

8

写真

レモン果汁、お水などを足して強めの中火で約15分手を休めずに全量が当初の2/3~1/2に凝縮するまで炒め寄せておきます。

9

空いた鍋に再びグレープシードオイルを引き食感用玉葱、ベーコン、ツナ、(春夏ならお好みで茄子、ズッキーニも)を→

10

写真

目安は玉葱がしんなりして透明になるくらいまでサッと軽く炒めます。そしてここに☆を加えて時折かき混ぜながら30分くらい→

11

写真

軽く沸々する中火前後で煮込みます。これで基本のトマトソースの完成!ここから枝分かれ的に仕上げるので三等分に取り分けます。

12

(ベーコン、ツナ、マッシュルームは炒めず煮込みで加えてもOK、茄子、ズッキーニは炒めた方が良いかも)今回は2種類作ります

13

写真

ピッツァ風に仕上げる場合~バジル、オレガノ、昆布水だし、ローリエを適量加えて時折かき混ぜながら20分くらい煮込んで完成。

14

写真

蟹クリーム風に仕上げる場合~蟹クリーム用の必要材料を加えて、こちらは鍋底焦げ易いので出来るだけ手を休めず鍋底に木べらや→

15

写真

お玉を押し当てながら20分くらい煮込んで完成。モッツァレラチーズは溶けやすいので仕上げでトッピングで加えて下さい。

16

スパゲッティを表記時間より1分半~2分ほど短めに茹でて、お好みのパスタソースに茹でたパスタ汁一人前当たり約大さじ2/3→

17

写真

くらいと共に合わせて麺がお好みの感じになるまで和えながら煮込んで出来上がり!以下、コツ・ポイントでは書ききれない余談です

18

写真

加える野菜ジュースは”トマト系”でオレンジ系と間違わないで、ローリエは防腐剤の役割もあるので取り出さずに入れたまま保存、

19

写真

パスタの茹で汁を加えるのはソースとスパゲッティを一体化させる、仲良くさせてくれるので是非、でも塩気なので入れ過ぎ注意で。

20

イタリア料理も日本の鍋料理も何故か大量に作ると美味しくなるみたいです。残りはナイロン袋に入れたうえでジップロックに入れ→

21

て冷凍保存も(ジップロックから出すときに口汚れませんしジップロック使い回しも場合によっては可能なので。)

コツ・ポイント

一見、材料が多くレシピは長々で難しそうに思えますが、予め必要な品をきちんと用意して下拵えさえ無事終えられれば後は比較的楽です。一人で作ると大変なので気の合う仲間や家族と一緒に分担作業して作って皆で頂くのが一番良いと思います。

このレシピの生い立ち

IL CHIANTIの真夜中のスパゲッティを見様見真似で再現してみたくて最初に作った後、基本のトマトソースから枝分かれ的に蟹クリームスパゲッティ(海老の頭入りでも)も作れると思い作ってみたのがきっかけでした。気を付けて楽しく作って下さい。。
レシピID : 4784547 公開日 : 17/10/31 更新日 : 17/11/01

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」