鴨のおいしい焼き方

鴨のおいしい焼き方

Description

鴨肉のモモ肉は、脂肪が厚いですがムネ肉に比べてコクがあるのが特徴です。鶏肉よりも脂質が多くこってりとした味わいが特徴です

材料 (2~3人前)

鴨モモ肉
250~300g

作り方

1

写真

肉は解凍後、まずは身の方に切り目を入れて、火のとおりが均等になるようにして、塩コショウをして味をなじませる。

2

皮にも切り目を入れると脂が出やすくなる。

3

写真

その後、肉を常温に戻しておき、中までムラなく火が通るようにしておく。

4

ドリップが出てきたらキッチンペーパーなどでキレイにふき取っておく。

5

写真

フライパンには油を引かず弱火皮目からゆっくり焼き上げる。皮が縮まないようにヘラを押し付けながら15分くらいじわじわ焼く

6

写真

出てきた脂をスプーンですくい、身の方にも回しかけながら火を通す。焼き始めから、この作業までで全体で20分強。

7

写真

ひっくりかえして、フライパンを中火にして身側を2分ほど焼く。火を通し過ぎないように注意すること。

8

写真

焼けた肉の肉汁を落ち着かせるために、アルミホイルに包んでコンロの近く(暖かい場所)に15分ほど寝かせておく。

9

この時、フライパンに残った脂は捨てずに取り分けておく。

10

残った鴨脂は、濃厚なうま味もあり、不飽和脂肪酸なので調味料としてもおススメです。

11

フライパンに赤ワイン、マーマレードと一緒に煮詰めてソースにしたり、油代わりに使ってシンプルにネギを焼くのもおススメです。

コツ・ポイント

鴨肉の脂肪は不飽和脂肪酸が多く、血中コレステロール値を下げる効果があります。融点が14℃と低いので、加熱後に冷めた料理でもおいしく食べることができ、焼いた際に出る脂もソースの原材料に使って活用いただけます。

このレシピの生い立ち

★北海道食べる通信10月号レシピ★
食材:北海道・赤平市の鴨肉(アイマトン)
レシピID : 4784551 公開日 : 17/11/11 更新日 : 17/11/11

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」