Brined+RoastedTurkey

Brined+RoastedTurkey
パサつかない七面鳥。前日にハーブとレモン入りBrine液に漬け込み、臭みをとりジューシーな焼き上がりになる方法です。

材料

七面鳥
一羽(約20lbs)
240cc分
ブラウンシュガー
240cc分
7リットル
15cm2,3枝
少々
レモン
2個
−スタッフィング−
*玉ねぎ
4分の1個
*イタリアンソーセージ
1本
*七面鳥の砂肝と心臓
もしあれば・・・
*ワイルドライス&雑穀
450cc分
*ナッツ
お好みのもの大さじ3
*マッシュルーム
みじん切り5.6個分
大さじ2,3

1

写真

クーラーボックスにブラウンシュガーと塩を水を入れます。ビニール袋を2重にしたものを内側に入れました。

2

写真

お好みのハーブを何種類か入れても構いませんが、はずせないのはローズマリーとタイムです。

3

写真

ハーブを追加し、レモンは串切りにして入れます。。

4

写真

流水で洗った丸鶏(七面鳥)を漬け込みます。最低でも、4,5時間は漬けて、24時間以内に引き上げ軽くすすぎ、皮と空洞になっている内側の水気をペーパーで拭き取り、焼く作業に入ります。

5

写真

イタリアンソーセージをチューブから出して炒め(オイル無しで)玉ねぎ、ナッツと一緒にワイルドライス+雑穀を追加していため、チキンスープを追加してフライパンに蓋をして炊きます。

6

写真

冷ましたスタッフィングを七面鳥のお腹にたっぷりと詰め、Brineに使ったローズマリーまたは料理糸で足をまとめます。

7

写真

胸肉を下にしてオリーブ油を皮に塗り、350°Fで一時間焼きます。*写真は1時間焼いた時点で、まだ胸肉が下になっています。

8

一度オーブンから出し、あら熱を取りターキーの上下をひっくり返し胸肉を上にして、コンガリ焼き色がつくまで焼きます。

9

30分ごとにオーブンを開け、焼き汁を皮に刷毛で塗ります。胸肉の焦げすぎ防止にアルミ箔をふんわりかけます。

10

写真

2,3時間かけて、こんな色になったら、出来上がりです。
焼き時間はターキーの大きさで追加が必要です。

11

コツ・ポイント

普通に焼くとぱさつく胸肉をしっとり仕上げるコツはプロセス7と8にあります。
七面鳥の全体が漬からない場合、半分の量で作ったBrine液を追加するか、ビニールBagを縛って水位を上げるなどしてカバーしてください。

このレシピの生い立ち

このレシピは、感謝祭に呼んでくれた旦那の職場のボス夫人のターキーがとてもしっとりとして美味しい焼き上がりだったので、レシピの掲載場所(FoodTV.com)を教えてもらい、手軽に出来るよう簡単にアレンジしたものです。スタッフィングを人気のお米物にしてみました。
レシピID : 478491 公開日 : 07/12/23 更新日 : 17/11/04

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

13/06/09

First tsukurepo mark
写真

チキンですがブラインするとしっとり仕上がりますね!

ミチケイ

こんがり皮でおいしそうな焼き上がり♪レポありがとう♪