重ね煮でひじき煮(ベジ)

重ね煮でひじき煮(ベジ)
半信半疑で挑戦した初の重ね煮(陰陽調理)。かなり適当にアレンジしたにもかかわらず、ほんとに美味しくてびっくり。調味料は塩と醤油だけ。ひじき煮はいつも一度に沢山作って、半分ほどは油揚げで包んでお弁当に入れやすくして、冷凍保存しておきます。

材料 (分量はアバウトです)

しょうゆ(最後に)
好み
*上塩
ひとふり
乾燥蓮根(自家製)
鍋一面埋まる程度
人参
1/3本
とうもろこし(自家冷凍)
ひとつかみ
煮大豆(煮汁も)
1/2カップ(乾燥状態)
油揚げ(厚め)
1/2枚
乾燥しょうが(自家製)
スライス一枚
生ひじき(国産)
1パック
しめじ(きのこ類)
鍋に一面埋まる程度
*底塩
ひとふり
【弁当用・油揚げ包】
油揚げ(包みやすいもの
1枚で4つ分
乾麺の折れたもの
揚げの留め用

1

鍋は蓋がしっかりしまり、焦げ付きにくいものがいいかと。今回はナノセラの深めのフライパンを使いました。

2

材料欄の「*上塩」から「*底塩」までを、鍋にこの順番で重ねます。(各材料については下記。基本的に火の通りを考えて大きさを揃える)

3

蓋をして中火にかけて、全体に熱が回ったようなら弱火にする。人参が固めでも、とりあえず火が通っていそうなくらいになったら、コンロからおろして保温調理器(新聞紙とバスタオルで可)へ。

4

写真

しばらく置いてから、混ぜて味を見る。必要なら醤油をたらして火にかけて整える。

5

【弁当用・油揚げ包み】油揚げは湯に通して油を落としておきます。この時優しくもんでおくと、後で中が開き易いです。

6

全てに角が残るように、十文字に4つに切って、開いてひじき煮を詰めます。

7

乾麺(今回はパスタ)をさして閉じ、煮汁の残った重ね煮した鍋に詰め、少し火にかけます。

その後また保温調理器へ。

コツ・ポイント

しめじは細かく裂いて、生姜は細かく崩し(生の場合はみじんかおろす?)、油揚げ・人参は短冊の薄切り。大豆は少なめの水で煮ておき、レンコンは少しの水で戻して、それらの水分も一緒に鍋の中へ。

このレシピの生い立ち

重ね煮という調理法があることは随分前から知っていたのですが、あまり信憑性を感じられませんでした。でも違いました。なぜか素材のうまみ・甘味が引き出されるようで、調味料が本当に少なくてすみます。これからはいろんな料理に応用するつもりです。
レシピID : 478538 公開日 : 07/12/23 更新日 : 08/01/02

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」