里芋の下ごしらえ、皮がつるん

里芋の下ごしらえ、皮がつるん
里芋の皮剥きがたいへん、めんどう、ヌルヌル、を解消してくれる皮の剥き方です。

材料

里芋
必要な量

1

写真

特に、小さな里芋は皮を剥くのがたいへん、剥いたら小さくなってしまう。

2

里芋のたて半分のところに包丁で少し切れ目を入れて一周します。

3

写真

蒸し器を使い、フライパンで蒸します。
少し串がささるようになったらOKです。
(鍋で煮てもOKです。)

4

写真

里芋の上と下を持って絞るようにすると、“つるん”と美しく剥けます。

5

写真

つるん、つるん。剥けば、美しいクッキング素材ができます。

コツ・ポイント

蒸し時間を変えれば、調理するものに合わせた固め、軟らかめの素材ができます。

このレシピの生い立ち

この剥き方は、皮のまま出して剥きながら食べる、里芋の酢味噌 のやり方です。下ごしらえにも使えますね。
レシピID : 4785457 公開日 : 17/11/01 更新日 : 17/12/12

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

3 (3人)

17/11/13

写真

ツルッとイケて快感でした一皮剥けて大人に近づけたような気がします

B_C_M

気持ちよく剥けると、クッキングが気持ちよくできますよね。

17/11/13

写真

簡単にむくことができました。ありがとうございました

クックIKUGANE

レポ有難うございます。きれいに剥けて良かった!

17/11/09

First tsukurepo mark
写真

包丁で剥くより楽々。有難うございます。

momo634

ツルンツルン、楽しいですよね。レポ有難うございました。