シャトルシェフ de 牡蠣のコンフィ

シャトルシェフ de 牡蠣のコンフィ
コンフィ(低温でじっくり火を通す)をシャトルシェフで簡単にハーブたっぷりのコンフィが出来ます。ワインに最高な逸品です。

材料 (2~3人分)

牡蠣(加熱用)
15個程度
【B】にんにく(みじん切り)
2片程度
【B】ローリエの葉
1~2枚
【B】ローズマリー
1~2枝
【B】黒こしょう
少々
【A】鶏だし塩スープ 鶏味塩
大さじ1杯
【A】白ワイン、又は酒
大さじ1杯
【A】オリーブオイル
適量
塩(牡蠣の下処理用)
適量

1

牡蠣の下処理
ザルに牡蠣を入れ、そこに塩をたっぷり振りかけて、振りながら黒い汚れを浮かせます。最後に水洗いをします。

2

キッチンペーパーで牡蠣の余分な水分を取り除きます。ジップロックに牡蠣と【A】と【B】を加えて冷蔵庫で一晩寝かせます。

3

シャトルシェフの鍋に②を入れ、オリーブオイルをひたひたの量まで加え、弱火で『80℃~90℃』まで温度を上げ火を止めます。

4

シャトルシェフに移し替え、約2時間程度低温でゆっくりと火を通していきます。【一番重要な要素】
冷たくしても美味しいです。

5

写真

6

牡蠣が驚くほどに美味しくなる!
鶏だし塩スープ 鶏味塩
http://amzn.to/2xYH7TH

コツ・ポイント

◆牡蠣は必ず「加熱用」を使いましょう。
◆コンフィは「ゆっくり低温で火を通す」が一番重要なメニューです。急に火を通すと、牡蠣が固くなったり、縮んで小さくなったするので気を付けましょう。
◆ハーブは好みで色々変えてみると風味が広がります。

このレシピの生い立ち

イタリアンバルのシェフから、コンフィの手ほどきを受けた際、「地味だけど手が離せない料理のひとつ」を聞きました。
その問題点は、「80℃を一定に保つため」という事でした。
その問題解決は、シャトルシェフの得意分野と思い今回作ってみました。
レシピID : 4788641 公開日 : 17/11/03 更新日 : 17/11/03

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」