苦手さんにも♪簡単、さば寿司(バッテラ)

苦手さんにも♪簡単、さば寿司(バッテラ)
クリスマスにもさば寿司♪(・・?)秋祭りやお正月には必ず姑と一緒に、たっくさん作ります。

材料 (4本)

塩鯖
1本
鯖が漬かるくらい
昆布
10㎝2枚
 
寿司飯
4合
竹の皮
4枚

1

写真

「きずし用」「さば寿司用」と表記された、良い塩鯖を使って下さいね。

2

3枚におろし、腹骨を取り除きます。お腹の部分のぬるっとした部分も取る。(または店でお寿司用におろしてもらう)

3

写真

バットに出汁昆布と身を入れ、ひたひたのお酢そ注ぎ一晩つけおく。(ラップでピッタリ覆うと、最小限のお酢で間に合います。)

4

写真

寿司飯を作って冷まします。

5

写真

酢でしめた鯖の薄皮をはぎ、真ん中の血合いと小骨のある部分を切り落とします。

6

写真

身の厚い所は、剥(へ)いで均等の厚さにしておきます。

7

写真

竹の皮の上に、皮目は下にして、四角くなるように身を置き、酢で濡らした押し型を乗せます。

8

写真

1合分の寿司飯を平に載せて体重をかけてしっかり押します。

9

写真

型を抜き、両脇を折りたたみ、上下を合わせて包みます。

10

写真

ヒモで3か所、しっかり結びます。涼しいところで半日~1日くらい、重しをかけて味をなじませます。

11

写真

食べるときはひっくり返して切り分けます。

12

写真

生姜を添えて、わさび醤油で食べるのが一番です♪

13

写真

こっちは、型を使わず、ふきんで成形したもの。

14

写真

こちらが皮なし。(姑バージョン) ⑤の時に、皮を残すようにして、もう1枚身を剥(へ)ぐとこんな感じ。当然こっちの方があっさりしてます♪

コツ・ポイント

ホームセンターで、安い紙製の竹の皮もどきが売ってたので、今回はそれを使いました(⑪まで)。これでも十分です。(雰囲気、雰囲気♪) お祭り時は、もちろんホンモノの竹の皮(⑫、⑬)を使いますが、皮や押し型がなくても、ガーゼ布巾やラップでしっかり巻けば大丈夫ですよ。 姑は、脂の乗った皮の部分を捨てて作ります。(^_^;)(⑬の写真)

このレシピの生い立ち

京都のすぐ隣、大阪の片田舎の我が町では、秋のお祭りには家族や嫁に出たものたち、皆で食卓を囲んで、さば寿司やすき焼きなどのごちそう食べるのが習わしです。 姑から教わったさば寿司。さば寿司が苦手だった私も大好きになりました♪毎年、20本は作ります!
レシピID : 479437 公開日 : 07/12/25 更新日 : 16/10/19

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

2 (2人)

08/10/29

写真

おうちでこういうのも楽しいね~♪

✿トマト✿

綺麗なできあがりですね♪楽しんで作って頂きありがとう。

08/10/14

First tsukurepo mark
写真

初めての鯖寿司です。簡単でしかもすごくおいしかったです。

デルソル

おいしそうです~!お口に合ったようで嬉しいです。ありがとう♪