フランスの粉で作るクグロフ

フランスの粉では日本のパンのようなきめ細かいものがなかなかできないので、粉の配合を試行錯誤しています。自分のための覚書です。

材料

強力粉(Type 65)
100g
薄力粉 (Type 45)
100g
ドライイースト
8g(一袋)
ぬるま湯
100cc
二個
砂糖
50g
バター
60g
3g
レーズン
50g
 
大さじ2
砂糖
大さじ2
リキュール
大さじ1/2

1

ぬるま湯を小さなボウルに入れ、ここに分量の砂糖をひとつまみ入れて、混ぜたら、ドライイーストを振り入れて、15分置いておく。

2

この間にバターを柔らかくする。湯煎にかけて、ほぼ液のような感じに。

3

イーストの準備ができたら、ここに卵黄を溶き入れる。

4

大きなボウルに、小麦粉、砂糖、塩を入れる。3.の水分をボールに注いで混ぜる。 ほぼ液状の柔らかい生地になるので、ゴムべらを使って捏ねる。 

5

生地がなめらかになったら(そんなに一生懸命捏ねなくても大丈夫)、柔らかくしたバターを加えてさらに捏ねる。

6

生地が滑らかになったら、レーズンを加えてざっと混ぜ、このまま1時間発酵させる。

7

一次発酵の後、ゴムべらで軽く混ぜたら、室温で15分ほど休ませる。

8

焼き型に生地を流し入れて、ラップをしてさらに1時間二次発酵。発酵の途中でオーブンを180度に予熱する。

9

シロップを作る。砂糖と水、リキュールを小鍋で火にかけ、溶けたらよく混ぜて出来上がり。

10

オーブンで30分から40分焼いて、熱いうちに少しシロップを刷毛で塗りつける。残りのシロップは冷めてから塗る。

コツ・ポイント

流動性のある生地なので、手では捏ねられません。

このレシピの生い立ち

フランスの粉でもきめ細かいパンを焼きたくて、色々と配合を工夫しています。
みんりんさんのクグロフレシピにこちらの粉で挑戦したとき、全然違う反応があったので、何度か違う配合で挑戦して、一番きめ細かくできあがったのがこれです。
レシピID : 479615 公開日 : 07/12/26 更新日 : 07/12/26

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」