堀川ごぼうと海老の小判焼き

堀川ごぼうと海老の小判焼き
野菜ソムリエ考案。おかずや酒の肴に嬉しい一品。輪切りした堀川ごぼうの形を生かして、見た目も楽しく。

材料 (2人分)

堀川ごぼう
130g
大さじ1
海老(無頭、殻付き)
200g
(A)
・塩
小さじ1/4
・とき卵
1/2個(25g)
大さじ1/2
柚子胡椒
適量

1

写真

堀川ごぼうは表面をたわしで洗い、皮の黒い部分は包丁の背でこそげて4~5mm厚さの輪切りにし、水に晒します。

2

1を鍋に入れてたっぷりの水を加え、強火にかけます。沸騰すれば弱火にして10分程度茹でます。

3

2の形の綺麗なものを8枚取ります。残りは5mm角に刻み、片栗粉大さじ1をまぶします。

4

海老は背わたと殻を取り、片栗粉大さじ1(分量外)と、水少々でもみ洗いし、水で洗います。

5

ペーパーで水気を取り、少し粒が残るように包丁でたたき、(A)を順番に入れて練り混ぜます。

6

5に3の刻んだ堀川ぼごうを加え混ぜて8等分にし、厚み1cmの丸型に成形します。

7

輪切りの堀川ごぼうの片面に、片栗粉(分量外)を茶こしでふります。余分な粉をはたき、粉が付いた面を下にして6に載せます。

8

フライパンにごま油を温め、ごぼうの面から中火で焼きます。きつね色になれば裏返して弱火にし、蓋をして中まで火を通します。

9

器に盛り、お好みで柚子胡椒を添えます。

コツ・ポイント

海老は、粒が少し残るくらいにたたくと、プリっとした食感が楽しめます。(6~7mm位)。焼くときは表(ごぼうの面)から焼くと綺麗に焼けます。

このレシピの生い立ち

堀川ごぼうの切り口の形を生かしたレシピに仕上げました。野菜ソムリエプロ<山村優佳>考案。
レシピID : 4797202 公開日 : 17/11/21 更新日 : 17/12/01

このレシピの作者

京都の「食」といえば、なんといっても京野菜☆

京都の気候風土と肥沃な土壌、豊富な水を活かして作られ改良され、独特な味、香り、彩りを有しています。

でも、敷居が高いと感じていませんか?そんな皆さんに、旬の京野菜をはじめとした京都府産食材を気軽に楽しんでいただける公式キッチンを開設しました!

ぜひチェックしてください。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」