堀川ごぼうのイタリアンきんぴら

堀川ごぼうのイタリアンきんぴら
野菜ソムリエ考案レシピ。京野菜を洋風に。バルサミコ酢をきかせた、パンやワインに合います。

材料 (4人分)

堀川ごぼう
400g
大さじ2
タカノツメ
1/2本
大さじ1
小さじ2強
小さじ2強
粉チーズ
大さじ山盛り1
セルフィーユ
適量

1

写真

堀川ごぼうは皮を軽くこそげ取り、5cm程度の長さに切って4つ割りします。

2

写真

堀川ごぼうの真ん中の「ス」部分を包丁で切り取り、外側だけを細切りにします。

3

フライパンにオリーブ油と種を抜いて細かく切ったタカノツメを入れ、火にかけます。

4

オリーブ油が温まれば堀川ごぼうを入れ、時々混ぜ返しながら10分ほど中火揚げ焼きします。

5

表面がカリッとなれば余分な油を捨て、バルサミコ酢・醤油・蜂蜜を加えて強火炒りつけます。

6

粉チーズを振り、全体にからめて仕上げ、火を止めて器に盛り、セルフィーユを添えます。

コツ・ポイント

堀川ごぼうの「ス」は硬くて食べられないので、しっかりえぐるように切り取りましょう。調味料の分量は目安ですから、お好みで増減してください。粉チーズは溶けるまで加熱してしっかりからめると、まろやかになっておいしいです。

このレシピの生い立ち

ごぼうにバルサミコ酢の酸味とチーズのコクをまとわせ、お惣菜をモダンにアレンジ。思いきり和風イメージのきんぴらをイタリアンにしました。肉料理の付け合わせにもいいですよ。野菜ソムリエプロ<川添智未>考案レシピ。
レシピID : 4797236 公開日 : 17/11/21 更新日 : 17/11/21

このレシピの作者

京都の「食」といえば、なんといっても京野菜☆

京都の気候風土と肥沃な土壌、豊富な水を活かして作られ改良され、独特な味、香り、彩りを有しています。

でも、敷居が高いと感じていませんか?そんな皆さんに、旬の京野菜をはじめとした京都府産食材を気軽に楽しんでいただける公式キッチンを開設しました!

ぜひチェックしてください。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

2 (2人)

18/02/15

写真

バルサミコ酢もごぼうと大好きなので嬉しい美味しい♪

まり沢係長

お好きな二品の相乗効果!味わっていただき嬉しいです。

18/01/06

First tsukurepo mark
写真

ハチミツなくてラカントで代用しましたが、とても美味しいです♡

豆腐らーめん

甘味料を使ってカロリーオフですね。人参や蓮根でもぜひ!