旨味たっぷり♪福島風具だくさん芋煮鍋

旨味たっぷり♪福島風具だくさん芋煮鍋
野菜の旨味が溶け込んだ芋煮鍋は身体の芯から温まりますよ♪みんなで作って食べればなお美味しい♡

材料 (30cm鍋)

里芋
中10個
しめじ
1株
こんにゃく(アク抜き不要のもの)
1枚
豚肉こま切れ
300g
ごぼう(ささがき)
1/2本
にんじん(いちょう切り)
1本
大根(いちょう切り)
1/4本
白菜(ざく切り)
1/4個
長ねぎ(斜め切り)
1本
木綿豆腐
1丁
 
味噌
適量
しょうゆ
少々
少々
お好みで

1

里芋は皮をむいて半分に切り、しめじは石づきを切り落としバラバラにし、こんにゃくは食べやすい大きさに手でちぎる

2

鍋を熱して油をひき、一口大に切った豚こま肉を色が変わるまで炒め、さらにごぼう、にんじん、大根を加えて油を通す

3

2に長ねぎと木綿豆腐以外の具材を全て入れ、具材が浸るぐらいの水と和風だしを加え、アクを取りながら煮る

4

3の具材に火が通ったら、長ねぎを加え、さらに木綿豆腐を一口大に手で崩しながら入れて5分程度煮る

5

4に味噌を入れ、しょうゆとめんつゆを少々加えて味を整えたら完成。お好みで七味をかけて召し上がれ

コツ・ポイント

福島県では、芋煮と言えば里芋×豚肉×味噌の組み合わせが多数派です。
残った汁にカレールーを入れたり、うどんを入れたりしても美味しいですよ。

このレシピの生い立ち

東北地方の秋の風物詩、芋煮会!
秋になったら芋煮会をやりたくてウズウズしてしまう東北人は多いはず(●´ڡ`●)
レシピID : 4797431 公開日 : 17/11/10 更新日 : 17/11/10

このレシピの作者

「はら食っち~な ふくしま」には、ふくしまの農林水産物を「はらくっち(方言でおなかいっぱい)」くらい食べてほしいという思いを込めました。 福島県には、地域ごと変化に富んだ豊かな気候風土だからできる、おいしい農林水産物がいっぱい。生産者の愛情がつまった‘‘おいしいふくしま’’を使った料理を作ろう! みんな一緒に「はら食っち~な♡」 ホームページはこちら→http://bit.ly/1Pj3B70

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」