なんでもみじん切りミートソース

なんでもみじん切りミートソース
相方と二人で作ってきた絶品ミートソースです。もう何度も作ってその都度改良を加えてきました。食材の分量は好みに応じて加減してください。余ったら、コロッケ、チャーハン、オムレツなどにも使えます。余ることを前提に、分量は多めで〜す。

材料 (パスタ用ソース7・8人分)

豚挽肉
400g
トマト缶(ホール)
1缶
玉ねぎ(みじん切り)
1個
セロリ(茎と葉の部分をわけ、どちらもみじん切り)
1本
しいたけ(みじん切り)
6個
にんじん(みじん切り)
1本
にんじん菜(なくてもよい。あれば茎と葉の部分をわけ、どちらもみじん切り)
2〜3本分
400cc
月桂樹の葉
2〜3枚
黒胡椒の粒(ホール)
小さじ1
油、塩
適量

1

写真

フライパンに油をしき、にんにくを弱火で炒めます。こんがりきつね色になるように。焦がさないように気を付けます。

2

写真

そこへ挽肉を投入。へらで押し付けるようにまんべんなく、よく火が通るまでよく炒めます。炒め終わったら火をとめて置いておきます。肉から油がでるようであれば除く。

3

写真

煮込み用の鍋を用意し、油をしき、玉ねぎを炒めます。きつね色になったら、にんじんを投入。油がよくまわるまで炒めます。

4

写真

セロリとにんじん菜の茎の部分としいたけを入れ、よく炒めます。

5

写真

挽肉を4の鍋に移し入れ、ざっと混ぜてからワインを投入。ぐつぐつ言い出したら月桂樹の葉と胡椒を入れます。弱火で40〜50分煮込みます。

6

写真

セロリとにんじんの葉の部分を入れ、トマトを投入。鍋の中で、へらや包丁を使って崩します。ここで「軽め」に塩で味付けします。20分ほど強めの弱火で煮ます。最後に塩などで味を整えてできあがり。

7

写真

【番外編】ミートソースの上にほうれん草を混ぜたマッシュポテトを重ね、チーズをかけてオーブンで焼いてみました。この場合、ミートソースは濃い目に味をつけたほうがよいです。イギリス料理のシェパーズ・パイ風です。(?)

8

写真

【番外編】ミートソースを入れてポテトサラダにしてみました。隠し味はマヨネーズと醤油。味をみながら塩とコショウを。

9

写真

【番外編】そしてチャーハン。これがまたウマイ。ミートソースをつくったとき、最後に残ったのでチャーハンにするのが一番の楽しみ。

コツ・ポイント

食材のほとんどがみじん切りなので、フードプロセッサーがあると便利。ない場合は、にんじんとセロリは大根おろしを使用。挽肉は肩切り落しなどを買ってきて自分でミンチにするのが我が家流。フープロを使用する場合は、具材をあまり細かくしすぎないようにご注意を。季節によっては生のトマトを使うとより一層おいしくなります。この場合は3個ほどを皮をむいて使います。煮込みの過程は圧力鍋を使ってもいいと思います。

このレシピの生い立ち

相方が適当に考えたレシピで、今や我が家では定番中の定番メニューです。いつも二人でわいわい言いながら作ります。食材をみじん切りにしてしまえば、後はガーっと炒めて、ゴーっと煮ればできあがりです。
レシピID : 480320 公開日 : 07/12/27 更新日 : 08/03/02

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」