八代東陽町の生姜きんぴら

八代東陽町の生姜きんぴら

Description

八代東陽町の生姜は熊本の生姜の生産量No1です。新生姜のみずみずしいものを地元ではきんぴらにします

材料 (2人)

50g
ごぼう(ささがき)
50g
人参(千切り)
20g
大さじ1
砂糖(上白糖)
小さじ1
大さじ1
80ml
サラダ油
小さじ2

作り方

  1. 1

    ごぼうはささがき,人参千切り、生姜は皮をむいて千切りする

  2. 2

    鍋に油をひいて①を炒める。

  3. 3

    ある程度炒めたらだし汁、調味料を加えて煮る

  4. 4

    汁けがなくなるまで煮て最後にごまをまぶす

コツ・ポイント

新生姜を皮をむいて繊維を切る様に千切りするとおいしさが増します

このレシピの生い立ち

このレシピは熊本手しごと研究所の季節の食旅に掲載されています
http://kumamototeshigoto-labo.jp/tabisyoku/
熊本県南の食材レシピです
レシピID : 4807920 公開日 : 17/11/16 更新日 : 17/11/16

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート

 
コメントを書くには ログイン が必要です