大和の豚塩うどん

大和の豚塩うどん
夏はレモン、秋はれんこんチップス、冬は生姜のように盛り付けを工夫することで色々な味を楽しむことができます。

材料 (1人前)

うどん
1玉
ヤマトポーク ローススライス
75g
小さじ1と1/2
 塩
1g
 こしょう
少々
白ねぎ
1/4本(25g)
もやし
1/2袋
にんじん(中)
1/4本
オクラ
2本
カットわかめ(乾燥)
1g
塩うどんだし
 うどんだし
50mL
 水
180mL
 焼肉用塩だれ
大さじ1
レモン
1/3個

1

カットわかめは水でもどしておく。白ねぎは斜め切りにする。にんじんは皮をむいて、せん切りにする。

2

にんじん、水洗いしたもやしを沸騰した湯でさっと塩ゆでし、粗熱をとる。オクラは別の鍋で塩ゆでし、輪切りにする。

3

塩うどんだしの材料を鍋に入れ火にかけ、白ねぎを入れて煮立たせる。

4

フライパンにごま油を熱し、強火でヤマトポークを焼き、塩、こしょうで味付けする。

5

沸騰した湯で、うどんをゆでる。

6

湯切りしたうどんの上に、もやし、にんじん、ヤマトポークの順に山のように高く盛り付け、塩うどんだしを注ぐ。

7

最後にオクラを散らし、輪切りにしたレモンとわかめを添える。

コツ・ポイント

もやしは食感を残すためゆですぎず、ゆでた後はしっかり水分を切ってください。
ヤマトポークを焼く際、強火のため焦がさないように、また油が飛んで火傷しないように気を付けてください。

このレシピの生い立ち

2017年に畿央大学健康栄養学科と株式会社近鉄リテ—リングで実施した「香芝サービスエリアフードコートメニュー創作コンテスト」に応募されたメニューです。
レシピID : 4809564 公開日 : 18/08/13 更新日 : 18/08/13

このレシピの作者

畿央大学健康栄養学科では、地域連携活動として産官学と連携したレシピ開発プロジェクトを行っています。公式キッチンでは、管理栄養士を目指す学生が地域連携活動や授業で考えたオリジナルレシピを掲載していきます。
【健康栄養学科公式ホームページ】 http://www.kio.ac.jp/faculty/health/n/

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」