軽くてサクサク☆焼餃子(皮編)

軽くてサクサク☆焼餃子(皮編)
 サクサク餃子が流行っているとの情報から、チャレンジしてみたものです。 皮だけでなく焼餃子自身を軽くサクサクに仕上げるならレシピID:481497(具編)、500876(具編その2)と合わせてどうぞ。

材料 (100~120枚程度)

薄力粉
1.5カップ
1.5カップ
3/4カップ
小さじ1

1

強力粉、薄力粉、塩を大きめのボールに入れて、手でよく混ぜ合わせます。十分に混ざったら、水を半量入れて混ぜます。パサパサとした状態で全体が馴染んだら、残りの水を入れ混ぜ合わせます。

2

生地がまとまるようになったら、縦横に体重をかけて、伸ばしては折りたたむを繰り返して、よく練ります。乾いて生地がムラムラになるなら、少し水を、ベタベタなら粉を足し調整します。5~10分練り込んで全体が均一になったら鏡餅のようにまとめます。

3

生地をラップでくるんで、30分ぐらい休ませます。発酵させるわけではないですが、冬場は湯煎するなどして暖かい状態を保ちます。(このとき少し柔らかくなるので、#2での水加減は耳たぶの硬さで)

4

生地がしっとりしたら、適量を紐に伸ばし、切って、小梅程度の(1円玉より一回り小さい)ボールを作る。打ち粉を振ったまな板の上で、手のひらでつぶして打ち粉を振り、麺棒でどんどん薄くのばす。他の生地は乾燥しないように固く絞ったふきんを掛けておく。

5

《皮のばしで・・・》 打ち粉は、麺棒にもつけ、多い目に使った方が作業がしやすいです。作った皮も乾燥するので、絞ったふきんをかけておくといいです。皮の厚みはお好みですが、慣れれば裏が透けるほどの厚みにすることができます。

6

《具の水分》 具に水分が多いと、包んだ後に皮が柔らかくなってお皿にひっついたりします。参考レシピのようにしっかりと水抜きした具をオススメします。

コツ・ポイント

皮は使い切りで。保存するなら具を包んで冷凍で。冷蔵だと具の水分と乾きから一晩が限界です。皮を伸ばすのに結構力がいります。1枚20~30秒で100枚伸ばすと35~50分ほどかかります。薄く作るほど軽い餃子になりますが、当然ですができあがりが増えます。^^ このレシピのカップは180ccです。

このレシピの生い立ち

以前作っていた方法が厚ぼったく重かったので、思いっきり薄い皮を試してみたところ、とっても軽い餃子になりました。☆☆
レシピID : 481498 公開日 : 08/01/03 更新日 : 08/02/18

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」