クリスマスケーキ、苺入りブッシュドノエル

クリスマスケーキ、苺入りブッシュドノエル

Description

Xmasケーキで定番のブッシュ・ド・ノエル!しっとり濃厚Wチョコクリームのロールケーキ#prfmPOPFesRecipe

材料 (天板26×26㎝(30㎝×30㎝))

3個(4個)
砂糖(卵黄用)
40g(50g)
卵白(Lサイズ)
3個(4個)
砂糖(卵白用)
30g(40g)
薄力粉
55g(70g)
サラダ油
小さじ5(20g)(小さじ7(28g))
牛乳
40㏄(60㏄)
純ココアパウダー
12g(15g)
ガナッシュクリーム
ミルクチョコレート
100g
チョコホイップクリーム
ガナッシュクリームの残り
約100g
砂糖
15g
デコレーション、サンド用
1パック
クリスマスの飾り(100均)
お好きなものを、なくても〇
粉糖(砂糖)
小さじ1~2

作り方

1

2020.8.8追記
工程、材料を見直しました。
メレンゲ常温の卵でなく、冷たい卵の方が泡立ちにくいがしっかりした物に

2

写真

オーブンの天板に合わせて、ケーキ用敷き紙を敷きます。
サラダ油を薄く塗るとめくれないし、剥がす際、スポンジが付きません。

3

☆ポイント
クッキングシートでなく、ケーキ用敷き紙(グラシン紙)を使う事。
サラダ油はまんべんなく塗った方が剥がし易い。

4

写真

生地の材料は、最初に計って用意しておきましょう。
時間が勝負、やりやすいです。

5

写真

薄力粉+純ココアを事前に、3回ふるっておきます。空気を含ませるためです。
☆高い位置からの方がいいです。

6

写真

ボウルに冷たいままの卵白を入れてハンドミキサーで常に低速で泡立てる。
☆途中で砂糖を3回に分けて入れます。

7

☆2020.8.8追記
メレンゲを作る際、レモン汁を5滴程度入れると、泡の消えにくいメレンゲになります。

8

写真

低速で角が立ち艶やかになるぐらい泡立てます。泡立てたら冷やす。
☆低温・低速だと泡立ちにくいがしっかりしたメレンゲに!

9

このあたりで、オーブンを180度で予熱しておきます。
焼く際は、170度で15分です。

10

写真

卵黄に砂糖を入れて、ハンドミキサーで、クリーム状になるまでよく混ぜます。

11

そこに、牛乳も入れてよく混ぜます。

12

写真

さらに、サラダ油も入れてよく混ぜます。ハンドミキサーでよく混ぜます。

13

写真

そこに、ふるいに良くかけた薄力粉+純ココアを何回かに分けて入れて、すくうよう混ぜ合わせます。
☆練ってはダメです。

14

写真

混ぜ合わせたら、そこに泡立てた卵白(メレンゲ)を1/3入れて混ぜます。
この際は、泡が消えてしまっても仕方ありません。

15

写真

さらに1/3ずつ入れて、混ぜていきます。泡を壊さないように、下からすくうように混ぜていきます。
最後の1/3は卵白の方へ

16

写真

混ぜたら、ケーキ用敷き紙を敷いた天板に、高い位置から、生地を流し入れて、上を平らに均します。
お好み焼きのヘラ使用。

17

写真

入れ終えたら、天板を30㎝位の高さから、1~2回落し、余計な空気を抜きます。

18

写真

180度で予熱しておいたオーブンを、170度にして15分焼いていきます。
オーブンによっても違うので、様子を見ながら。

19

焼いている間にガナッシュクリームを作ります。
お湯を沸かし、必ず火を止めて、ジプロックに入れた細かいチョコを溶かします。

20

写真

そこに、生クリームも入れてよく混ぜます。

21

溶かしたチョコは、チャックを締め、冷蔵庫で冷やします。
柔らかすぎると、スポンジに染み込みすぎ、固いと塗りずらいです。

22

苺も大きめのダイス状に切っておきます。
飾り用の苺、5個程度は取っておきます。

23

写真

スポンジが焼きあがったら、焼き縮み防止のため、型ごと高い位置から1回落します。一応、串を挿して焼けているか確認します。

24

写真

天板より大きい網を天板の上にかぶせます。

25

写真

やけどしないように、ミトンの手袋を着用し、網を抑えながらひっくり返し、天板を外します。網は少し浮かせます(丸網の上など)

26

写真

ケーキ用敷き紙は取らずに、その上から水で濡らし絞ったキッチンペーパーをかぶせ、冷やします。

27

写真

冷えたら、キッチンペーパーを取り除き、ケーキ用敷き紙を剥がしていきます。キレイに剥がせたがムラがあるなあ。

28

写真

剥がした面に、クッキングシートを大きめに切ってかぶせ、ひっくり返します。焼いた面が上にくるようにします。

29

☆ポイント
巻く際にすべらないように、濡れたキッチンペーパーを捨てずに、クッキングシートの下に敷いておくと良いです。

30

写真

スポンジに、ガナッシュクリーム(約半分の量)を塗っていきます。
これが、スポンジに染み込みしっとりして、旨いんだなあ。

31

2017.12.23追記
ガナッシュクリームが固いと、スポンジも固くなり、巻く際にスポンジが割れる場合があります。注意!

32

写真

チョコホイップ用の生クリーム、砂糖をハンドミキサーで固めに泡立てます。固めの方が塗りやすい(苺サンタ用に少し取っておく)

33

写真

泡立てた生クリームに、残ったガナッシュクリームも入れてハンドミキサーで混ぜていきます。
☆ここで、結構固めに仕上がります

34

写真

ガナッシュクリームの上から、チョコホイップを塗っていきます。巻き始めの手前を厚めにします。

35

写真

手前1/3~1/2の所に、ダイス状に切った苺を並べていきます。

36

写真

苺を巻き込み、その部分を芯にするように、紙ごと(紙は巻き込まないように)巻いていきます。

37

☆ポイント
苺が多いと芯は作れません。巻くのも結構大変でした。
苺の上から軽くクリームを塗っても良いかも。

38

写真

紙の上から、ラップで包み、冷蔵庫で1時間程度スポンジをなじませます。

39

写真

1時間経ったら、ラップ、クッキングシートを外します。
おー、苺のチョコレートロールケーキの完成です。
このままでも旨そう

40

写真

端の部分、3㎝ぐらいをカットします。

41

☆スポンジの表面が凸凹しているのは、ケーキ用敷き紙を剥がす際、失敗してスポンジが紙に付いてきてしまった時のものです。

42

写真

ロールケーキ全体に、チョコホイップを塗っていき、塗った後フォークなどで木目を入れていきます。

43

写真

カットした端の部分をお好きな所に貼り付け、ここにもチョコホイップを塗って、木目をつけていきます。

44

写真

最後に、苺サンタ(白ホイップを残し忘れ、雪焼けしたサンタです)、苺、クリスマスの飾り(100均)を飾り付けます。

45

☆ポイント
苺サンタは、苺を半分に切って、ホイップで顔を作り、苺を被せ、ガナッシュで顔を描き、ホイップでボタンなどをデコ

46

写真

さらに余ったダイス状の苺をお皿に散りばめ、粉糖を茶こしなどで振りかけて、完成です。

47

写真

☆ポイント
粉糖は買うのがもったいないので、ミルミキサーで、砂糖をやってみたら、粉糖になりました。水分に溶けやすいです。

48

☆ フランス語でノエルが「クリスマス」、ブッシュは「木、丸太」で「クリスマスの薪」の意。その名の通り薪の形のケーキ!

49

細かく写真付きで書いたら長くなりました。お疲れ様でした。
工程は多いですが、意外と簡単に出来ますよ!

50

2017.12.5改訂
一部不手際があった部分、写真等を訂正しました。基本的な作り方は変わっていません。ご了承ください。

51

写真

ジプロック袋は、100均ダイソーのフリーザーバッグSを使用しました。厚さ70ミクロン(0.07mm)、耐熱温度は-20℃

52

写真

レシピID:4531121
Wチョコクリームの苺チョコショートケーキ
も見てね!

53

あっ!上の写真のケーキのように、板チョコをスライサーで削ってかけてもいいかも。忘れてた。

54

写真

レシピID:4833644
クリスマスのデコにも◎チョコロールケーキ
も見てね!

コツ・ポイント

※天板が26×26㎝より大きい場合は、材料を多めに!そのままだとスポンジが薄くなります。
※材料を多くした際は、焼き加減、注意して見ててください。少し焼き時間、長い方がいいかも。
※スポンジ凸凹でも、チョコホイップでデコるので大丈夫!

このレシピの生い立ち

誕生日にWチョコクリームの苺チョコショートケーキ( レシピID:4531121 )を作ってますが、クリスマスケーキに、このWチョコクリームを活かした、クリスマスケーキを作りたいと思い考えました。
オーブンの天板が26×26㎝なのでこの大きさ
レシピID : 4816010 公開日 : 17/12/01 更新日 : 20/09/10

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

3 (3人)

19/12/08

写真

美味しかったです!また作ります

kokekokko☆

17/12/24

写真

工程が多くて大変でしたが、とても美味しく出来上がりました

グレート・コーズィー

つくれぽ!ありがとう。工程多くて大変でも美味しくて良かった!

17/12/24

First tsukurepo mark
写真

初めてのケーキ!可愛くできました(*´ω`*)

かえるOIOI

つくれぽ!ありがとう。初めてでも、可愛くできて良かったです。