つがにそうめん汁(鏡村)

つがにそうめん汁(鏡村)
生の蟹からは無理でも、こし汁が入手できるようなら是非お試しあれ。土佐の秋はつがにがないと始まらん!

材料 (4人分)

つがにのこし汁
1,000cc
50cc
30cc
豆腐
1丁
白菜
四分の一
キクラゲ
3〜4枚分
そうめん
2束

1

写真

新鮮なつがに10匹の甲羅とふんどしを外し、ミキサーにかける。水を1リットル足してザルでこす。

2

写真

火にかける前に醤油とみりんを加えておく。そうしないと独特の「にこごり」ができない。

3

写真

火が通るとこんな感じ。あとは好みの具材を加えるだけ。

コツ・ポイント

温まってから調味料を加えてもにこごらない(らしい)。
ネギ、ニンニク葉、春菊など香りの強いものはつがにの風味を消すので使わない。

このレシピの生い立ち

「土佐の味ふるさとの台所」144ページに掲載。
旬はイタドリの花の咲く頃(9月)とされています。その頃に出回るりゅうきゅうが合い口、ふわっと固まった身がりゅうきゅうの穴に詰まっておいしい。
ツガニ汁(吾北村)、つがにふわ(葉山村)もあり。
レシピID : 4817124 公開日 : 17/11/23 更新日 : 17/11/29

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」