秋の味覚入り 長いもきんとん

秋の味覚入り 長いもきんとん
長いもで作ったりんごや干し柿が入ったちょっと変わったきんとんです。お正月のおせち料理の一品としても。

材料 (作りやすい分量)

400g
砂糖
60g
りんご
1/2個
干し柿
2個

1

りんごは皮をむいて1cm角くらいに刻み、色が変わらないように塩水につけてから、ざるにあけて水気を切ります。干し柿は種を取り除き1cm角くらいに切ります。

2

長芋は約2cm幅の輪切りにして皮をむきます。

3

芋の約2cmくらい上まで水を入れ強火にかけます。煮立ったら中火にして、竹串が通るまでゆでます。

4

砂糖を加えたら弱火に再度かけながら木じゃくしでいもをつぶし、砂糖が煮溶けたら火を止めます。フードプロセッサーに入れ、スイッチを入れてなめらかな状態にします(裏ごしにしても◎)。

5

④の長いもが冷めたら、①のりんごと柿を加えて和えて完成です。

6

写真

りんご以外にも、ドライアプリコットやドライクランベリーも(2011年父作)♫♬

コツ・ポイント

りんごや干し柿の量はお好みで増減してください。果物を入れなくてもおいしいきんとんです。栗きんとんよりも、水っぽくしっとりとしたきんとんです。

このレシピの生い立ち

お正月に帰省したら、ちちがおせち料理の一品として作ってくれました。おいしかったのでレシピを聞いてきました。(写真は父が作ったものです)
レシピID : 481860 公開日 : 08/01/03 更新日 : 11/01/02

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」