ふんわりヘルシー豆腐餃子

ふんわりヘルシー豆腐餃子
羽根付きにこんがり焼いた餃子は外はカリッ、中はふんわりヘルシーで何個もいけちゃいます

材料 (100ヶ分)

餃子の皮
市販のもの1パック
木綿豆腐
200g
豚ひき肉
150g
白菜
200g
大さじ1/2
干ししいたけ
中サイズ5~6ヶ
1ヶ
大さじ1
醤油
小さじ1/2
塩・コショウ・味の素
各少々
大さじ2
サラダ油
大さじ1
水溶き片栗粉(包み用)
大さじ1+水適量
水溶き小麦粉(焼き用)
小さじ2+水適量

1

まず、餃子の皮は冷凍庫から常温に出しておく。干ししいたけは水に戻しておく⇒充分に水を含んだら石突きを取り、さいの目に切る。豆腐は布巾に包んで重しをし、水気を切る。

2

写真

白菜をさいの目にきざんで、塩大さじ1/2をふりかけてよくもむ。しんなりしたら、きざんだ干ししいたけを追加、水気は絞って捨てます。

3

写真

2に豆腐、卵、塩・コショウ・味の素・ごま油大さじ1を入れよく練ります。餃子は酢醤油で食べるので、味付けは極薄めでOK。

4

写真

餃子の皮の真ん中に具を置いて、端の半分に水溶き片栗粉を塗り、閉じます。閉じるコツは片面だけを波(ギャザー)にすること。

5

写真

包み方:私は外側(波打つ側)はこんな感じにいつも包みます。

6

写真

内側(のりをつけた方)から見るとツルンとこんな感じ。底は平らにすると焼く時に安定して転がらない。

7

写真

ちなみに上から見るとこんな感じ

8

写真

焼き方(16ヶ分):フライパンを熱し、サラダ油をひき、円形に並べる。水溶き小麦粉(小麦粉小さじ2)を餃子の皮5ミリくらいまでひたるように入れ、蓋をして蒸し焼きにします。(上記の場合は約80ccでした)

9

水分が無くなってきたら、蓋を開けてゴマ油大さじ1を上から香り付けに回しかけます。小麦粉かカリッと焦げ目がついたらOKですので、フライヤーで取り、お皿にひっくり返して出来上がり!!

10

写真

しつこいけど、全部包み終えるとこんな感じにタッパーに入れて(間に小麦粉を振ります)冷凍保存可能です。2段になる場合はラップを間に挟んでね。

11

写真

余った具材は、【チャーハン】、【ピーマン/しいたけの肉詰め】、【オムレツの具】、【片栗粉で丸めて揚げボール】、【ミンチカツ】などに無駄なく応用できます。すぐに使う予定がなければ、解凍しやすい100gぐらいずつに分けてラップに包み冷凍保存。

13

写真

ゴマ油は韓国産純正のオットギが断然おすすめです。香りがいいので、炒め物のほかドレッシングにも重宝しますよ。

コツ・ポイント

焼き加減は餃子の皮を見る。皮の端がまだ白っぽく不透明なら火がちゃんと回ってません。全部が透明になるハズです。火加減は最初と最後は強火、水を入れてからの蒸し焼きの時は中火でじっくり焼きましょう。

このレシピの生い立ち

妊婦なので、カロリー控えめのヘルシー餃子が食べたくて考案
レシピID : 481977 公開日 : 08/01/02 更新日 : 08/01/03

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」