2008年おせち★お煮しめ

2008年おせち★お煮しめ
用意が年末に迫って、抜き型無し、彩のさやえんどう手に入らず・・・スーパーに残ってる材料だけでも食材の色に気をつければ、彩り良いおせち作りが楽しめました♪そんなお煮しめ2008版。

材料 (お重1段+小皿1枚)

里芋
9個位
カップ1+1/2杯
お玉半分
 ◎砂糖
40g
 ▲しょう油
お玉1杯
にんじん
太め1/2個
タケノコ(水煮)
1本分
いんげん
10本位
カップ2杯±α
お玉半分
 ○砂糖
小さじ2
 △しょう油
お玉1杯

1

★里芋の煮しめ★直径27・8cmの煮込み鍋に、◎印の材料、皮を剥いて塩水でぬめりを取った里芋を入れ、強火で煮ます。沸騰したら弱火にし、しょう油を回しいれ、紙蓋を落として、汁気がなくなるまで煮て鍋のまま冷ます。

2

写真

飾り切り★写真は型が無い場合に便利な「扇(おおぎ)」型。5mm幅の輪切りを半分にして、4箇所、ねじり梅のように切込みを入れる。鳥型にして羽の所に同じく切込みを入れると福を多く取るという意味で縁起の良い「千鳥」に。

3

★煮物下準備★たけのこは1cm幅の半月切り、いんげんは斜め切り。直径27・8cmの煮込み鍋に○印の材料と、人参とタケノコを入れて強火で煮る。

4

写真

沸騰したら、しょう油を加え、中火にして煮る。煮物が煮汁より上に出る位になったら、いんげんを加え、煮汁が半分になるまで煮て鍋のまま冷ます。

5

写真

里芋→タケノコ→人参→サヤエンドウの順にそれぞれちりばめて盛ると小皿が彩りよくなります。お重の詰め方は、レシピID:481974を参照。

コツ・ポイント

★緑・赤・黄・白・黒(写真では入ってないですが、昆布や椎茸)をそろえれば彩りきれいに。★いんげんは、色味を損なわないように、他の材料が煮上がる数分前に入れて煮ます。★煮上がってすぐではなく、冷まして味を含ませます。★お煮しめは同じ味だと飽きてしまうので、味を2種類に!里芋と別にすると粘りが移らないので、他の煮物がすっきり盛り付けできます。

このレシピの生い立ち

おせちを一から一人で初挑戦。母の里芋の煮物の味を思い出しつつ。飾り切りはナイフだけでおめでたい形作れないかな~とねじり梅をヒントに考えました☆カキ氷の旗を思い出しつつ切った、うろ覚えの千鳥はちょっとスマートですね(笑)
レシピID : 481979 公開日 : 08/01/03 更新日 : 08/01/07

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」