銀杏と玉ねぎと椎茸の甘辛薩摩揚げ

銀杏と玉ねぎと椎茸の甘辛薩摩揚げ

Description

手作りならではの好みの味付けと具材でジューシーで美味!おつまみ、おでん、炒め物にも使える意外と簡単なさつま揚げです。

材料 (2人分)

真鱈切り身
100g
塩(真鱈臭み抜き用)
小さじ1/2
むき海老(片栗粉で洗う)
60g
☆ 生椎茸(粗いみじん切り)
大1個
☆ 玉ねぎ(粗いみじん切り)
80g
冷凍銀杏(レシピID:4801721)
10粒
★ 塩
小さじ1/2
★ こしょう
少々
小さじ1
★ お酒
小さじ2
● 濃縮醤油ダレ(レシピID:4639599)
大さじ1
● 水
大さじ1
ココナッツオイル又はサラダ油
大さじ3

作り方

1

写真

鱈は塩をまぶし汗をキッチンペーパーで拭き取り骨と皮を取ります。

2

写真

銀杏は冷凍の場合は自然解凍します。

3

写真

解凍できたら包丁の腹で押さえて潰します。

4

写真

ボールに☆(椎茸は柄もみじん切りにして入れます)と3を入れます。

5

写真

1と海老を包丁でみじん切りにし手で捏ねながら筋があれば取り除き中央に穴を開け★を入れ包み更に捏ねて味を馴染ませます。

6

写真

5を4に入れ全体を良く混ぜ合わせます。

7

写真

4分割にして形を作ります。

8

写真

プライパンにアルミホイルを引き油を入れ火にかけ7の両面にこんがり焼き色をつけ火を止め油切り容器に移します。

9

写真

2、3分置いてからアルミに残っている油(汚れを取ります)とさつま揚げをフライパンに戻し火にかけ2度焼きします。

10

写真

両面何度か返しながらいい色になったところで●を合わせて入れ中火に落とし焦げ付かないように甘辛醤油を絡め火を止めます。

11

写真

お皿に盛りつけて完成です。

コツ・ポイント

銀杏はそのまま入れるとまとまりが悪くなるので潰しましたが粗いみじん切りでも食感や存在感は抜群です。ごぼうや人参、大根なども良く合います。冷めても美味しいのでやっぱりそのままおかずになっちゃいます。

このレシピの生い立ち

美味しいさつま揚げが食べたくて作ってみました。
レシピID : 4822019 公開日 : 17/11/26 更新日 : 17/11/30

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」