サクッと焼きアボガドのイタリア風

サクッと焼きアボガドのイタリア風

Description

料理の色合いが寂しい… もう一品ほしいなぁ。そんなとき、深い緑色のアボガドが変化を加えてくれます。ワインにもぴったり。

材料 (2人分)

アボガド
1個
マヨネーズ
適量
七味あれば洋風七味
適量
チーズ(とろけるタイプ)
適量

作り方

1

写真

アボガドは半分に切って、包丁の刃の根もと部分で、タネを、くるんとはずします。

2

写真

耐熱皿にのせたアボガドに、マヨネーズを年齢・体調にあわせ、適量かけましょう。

3

写真

とろけるチーズをご予算にあわせ、パラパラとかけます。
ついでにプチトマトでもあれば、いっしょに焼くのもかわいい。

4

写真

焼けるのを待つ間に、鷹の爪を適量、包丁またはハサミで輪切りにしておきます。
鷹の爪をつかんだ指は、なめないようにね。

5

写真

「やげん堀」の洋風七味があると、さらにイタリアン。
ガーリック、パセリ、バジル、オレガノがはいっているようです。

6

写真

温めたオーブンで3分ぐらい、チーズやマヨネーズが色づいたら完成。スプーンでサクッと召し上がれ。
赤ワインが合うんです。

コツ・ポイント

料理そのものは、アボガドを切って割ってタネ取って数分焼くだけ。
味つけは、マヨネーズとチーズ。どちらかひとつでもOK。洋風七味がなければ、バジルの粉末などと鷹の爪でもイタリアン。
普通の七味としょう油味にしたら、和風に変身するはずです。

このレシピの生い立ち

食材ひとつにこだわってみました。
ポイントは、アボガドの奥深い濃厚な味と風味、そして何より、皮の深い緑の色彩です。
ホームパーティのテーブルの色合いに、変化をつけてくれるでしょう。
しかもフルボディの赤ワインにも負けない小さな一品です。
レシピID : 4822766 公開日 : 17/11/27 更新日 : 17/11/27

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」