奄美大島 鶏飯風汁かけご飯

奄美大島 鶏飯風汁かけご飯
奄美大島の名物の鶏飯(けいはん)もどきを作りました。鶏スープをたっぷりかけて召し上がれ。柑橘類の皮は手近なレモンを使いました。さっぱりしていてお昼ご飯や飲んだ後にピッタリ!

材料 (2人分)

鶏もも肉
1/2枚
50cc
長ネギ
切れ端(5センチくらい)
薄切り2枚
醤油
小さじ1
適宜
干し椎茸の含め煮
大2枚
三つ葉
適宜
国産レモンの皮
適宜
ご飯

1

鍋に水4カップほど入れ、鶏肉、焼酎、生姜、長ネギを入れて煮立たせます。あくを取り弱火にして20分ほど煮ます。

2

薄焼き卵千切りにして錦糸卵に。干し椎茸の含め煮千切りに。三つ葉は3-4センチの長さに刻んでおきます。レモンはよく表面を洗って黄色い皮だけ剥いて果皮を千切りにします。

3

写真

1の鶏に火が通り、スープに出汁が出たら鶏を取り出してあら熱をとります。皮などを取り除いて身を裂いておき、2と一緒に皿に盛りつけます。

4

3のスープに塩、醤油でお吸い物より若干濃いめの味をつけておきます。
丼に熱々のご飯を盛り、その上に鶏肉、錦糸卵、三つ葉、椎茸、レモンの果皮をのせ、熱くした3のスープを上からかけます。

5

※その他、スリゴマやシソ、お好みの香味野菜を使っても。柑橘類の果皮であればミカンなど手近なものでもいいと思います。

コツ・ポイント

パパイヤの漬け物も刻んで入れるらしいのですが無いので、今回は入れませんでした。お好みのお漬け物で代用してもいいですね。

このレシピの生い立ち

レシピID : 48305 公開日 : 02/04/05 更新日 : 02/04/05

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」