切った長芋の色と味を3~4日保つ方法

切った長芋の色と味を3~4日保つ方法

Description

酢を少量入れておくという対策もあるようですが、出汁(だし)を加えてしまうのが一番良いと考えています。

材料

適量
麺つゆ、または出汁入り味噌
適量
 
左の画像は長いもと麺つゆにツナ缶(マグロ油漬け)を混ぜて醤油少々
出汁を混ぜるので、千切りをきれいに見せられる方法ではありません。
麺つゆはよほど沢山入れない限り塩辛くなることはありません。少量でコーティングされれば効果が出ます。
様々な具材に適量合わせて食べます。
薄く細く千切りにすると、少し歯応えがありつつも、とろろのようなツルツルとしたのどごしもあって美味しい。
そのままでももちろん、生卵と混ぜたり、うどん・そば・納豆などにかけても美味しくいただけます。

作り方

1

20センチ程度の長芋の皮をむき、できるだけ薄く切ってから、可能な限り細く切ります。ふたの付いたタッパーを用意します。

2

写真

千切りをタッパーに入れ、麺つゆ(または出汁入り味噌)を適量加えて混ぜるだけです。(味見して薄味に)

3

写真

出汁入り味噌もコクがあって美味しいですよ。

4

必要な分量を作ったら冷蔵庫で保存します。
乾燥しないようにふたをしてください。

5

そのままご飯と食べる時には、醤油を適量かけます。
うどん・そばに入れるなら麺つゆの味だけで十分だと思います。

6

写真

夜切ってめんつゆ混ぜてタッパー密閉冷蔵庫保存して翌々日の朝。色・味ともに変化なし。
約30時間は問題なし。さらに検証予定

7

写真

60時間後、3日目の朝。納豆に混ぜて食べた。色は変化ないが味は若干新鮮味を失くしている気がした。でもまだ平気。

8

写真

長芋の千切りとツナ缶(油漬け)にお醤油少々が旨い。一番美味しい食べ方かも。
小ねぎも加えた。

9

※ただし夏場など気温の高い時期に、何度もふたを開けて使うと雑菌が繁殖しやすいかも知れないです。
検証したのは12月。

10

写真

白菜漬けに長芋の千切りを合わせると予想以上に美味しい。
浅漬けにも合いそう。

コツ・ポイント

★すり下ろした長芋の粒子が刺さるため「とろろ」は舌やノドなどにかゆみを生じます。しかし切って食べると比較的かゆみを感じないことが分かりました。
★長芋の状態によっては、切ってすぐ色が変わりますが、出汁を加えれば問題なく保存できます。

このレシピの生い立ち

長芋と言うと多くの人は「とろろ」を好むように思われますが、個人的には歯応えを感じる薄く細く千切りにした食べ方が一番好きです。でも、ぬるぬる滑って切りにくく、できれば沢山用意して保存したいと考えた結果こうなりました。
レシピID : 4833123 公開日 : 17/12/04 更新日 : 19/02/11

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

3 (2人)

19/09/02

写真

色が変わらず助かりました♪

四角い君

れぽに感謝致します。お役に立てて幸いです。長芋で健康生活を。

18/11/29

写真

生卵&浅漬けで共に美味~♪この保存法も味わい方も感謝です☆

ゆまつは

良い絵でれぽ感謝。地味さや痒みで敬遠されるのは勿体ない食物。

18/11/28

First tsukurepo mark
写真

麺つゆ+味噌少量in雑切りOK嬉♪保存前にツナと和えて頂きます☆

ゆまつは

初れぽ大感謝!これは酒の肴ではなく、ご飯のお供ですって!(笑