鬼柚子ピール 獅子柚子 鬼柚子

鬼柚子ピール 獅子柚子 鬼柚子
冬の柚子の季節に出会える大きな柑橘。せっかくだから皮とワタを美味しくいただきます。果肉は…使いません。ごめんなさい。

材料

鬼柚子
好きなだけ
グラニュー糖(煮る用
鬼柚子の半量
鬼柚子がかぶるくらい
グラニュー糖(まぶす用
適量

1

写真

鬼柚子をスポンジや歯ブラシを使って表面の汚れをしっかり落とす

2

写真

鬼柚子を大きさに合わせて4等分か6等分にする
果肉の部分は使わないのでなるべく綺麗に切り取る

3

写真

皮を5ミリ程の厚さで切り分けていく
だいたい同じくらいの大きさに揃えるのが理想的

4

先に鍋に砂糖と溶かす為に多目の水を入れて砂糖をしっかり溶かす

5

砂糖が溶けたら少し冷まして、切った鬼柚子の皮が浮かない、皮が頭を出すくらいの水を入れて全体に馴染ませる

6

写真

火を付けて崩さないようにゆっくりと上下をひっくり返して、全体的にしっとりしてきたらなるべく触らず、時々上下を返す

7

ここであまり触りすぎると皮が崩れてしまうので我慢。でも返さないと焦げてしまうのでそーっと返す。

8

写真

ゆっくり・そーっと返しながら煮汁がすっかりなくなるまで煮詰める
わた部分が透明になったら完了

9

写真

干し網に並べる
(私はクッキングシートに並べてから網に乗せました)

10

天日干しで1日〜1日半くらい、しっかり乾いているか、触って少し濡れてる?くらい乾かす

11

写真

乾いてたらグラニュー糖をまぶす
(私はビニール袋にグラニュー糖を入れて振ってまぶしました)
再度網で乾かす(1日程)

12

写真

1日天日干ししたら完成

コツ・ポイント

煮る時の水は多いとジャムになってしまいますのでご注意を。混ぜ過ぎも崩れてしまうので、難しいですがそーっとひっくり返すを心掛けてください

このレシピの生い立ち

以前はもっと手のかかるやり方をしていたのですが、今回乾燥させてからグラニュー糖を着ける方法にしたらとても楽だったので記録いたしました。少し固めですがお茶請けやおつまみ・チョコレートがけにしても美味しいです。砂糖も沢山ですので保存もOKです
レシピID : 4836348 公開日 : 17/12/07 更新日 : 17/12/07

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」