グレインズ和風サラダ

グレインズ和風サラダ
グレインズは「穀物」という意味で、野菜・炭水化物・たんぱく質などの栄養素が一度にとれる、海外で今人気のサラダです。

材料 (4人分)

もち米(アルファー)
22g
ボンレスハム(1㎝色紙切り)
39g
キャベツ(短冊)
166g(葉3枚)
人参(千切り)
52g(1/3本)
きゅうり(輪切り)
42g(1/2本)
冷凍小松菜
52g
冷凍ホールコーン
42g
しらす干し
9g(大さじ1)
白いりごま
1.5g(小さじ1/2)
■ドレッシング
☆サラダ油
5g(小さじ1強)
☆酢
14g(大さじ1弱)
9g(大さじ1/2)
8g(大さじ1弱)
1.6g(小さじ1/2)

1

アルファー米は20分ほどゆでて、冷水にとって冷まし、ざるにあけて水けをきる。

2

野菜は指示通りに切ってボイルし、冷水にとって冷まし、ざるにあけて水気をきる。白ごまは乾煎りする。

3

☆の調味料を合わせて、火にかけて冷ます。

4

米と野菜をあえてさらにハムとしらす干し、白ごまを加え、食べる直前に③のドレッシングをかける。

コツ・ポイント

 アルファー化米は炊いた後乾燥させたもので、水やお湯を加えるだけで食べることができます。登山用や防災用で利用されてきました。炊いた玄米やキヌア等の近年人気の出てきた雑穀類を利用してもおいしいです。コーンは缶詰のものを使う場合ボイル不要です。

このレシピの生い立ち

 本市の学校給食は文部科学大臣賞を何度も受賞しており、子どもたちの笑顔があふれる、おいしい給食を毎日提供しています。このように評価の高い給食レシピの積極的な公開を通じて、市内外を問わず、たくさんの人に利用してもらうことを目指します。
レシピID : 4837958 公開日 : 17/12/15 更新日 : 18/07/30

このレシピの作者

春日部市の学校給食は、子どもたちに食の興味を持せ、給食が「生きた教材」となるような献立を作成しています。学校給食の特色や給食関連リンク「みんな大好き!おいしい給食」には、春日部市栄養士研究会の活動や食の情報ページを掲載しています。こちらもぜひご覧くださいwww.city.kasukabe.lg.jp/kosodate_kyoiku/kyouiku/kyushoku/kyuusyoku.html

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」