目指せ551!我が家の豚まん決定版

目指せ551!我が家の豚まん決定版
関西人のソウルフード、551蓬莱の豚まん。懐かしいあの味を、再現できないかと工夫しました。

材料 (6個分)

〈皮〉
200g
砂糖(上白糖)
大さじ3
小さじ1/2
ドライイースト
3g
サラダ油(あればラー油)
大さじ1
ぬるま湯
100ml
〈具〉
玉ねぎみじん切り
50g
豚ひき肉
100g
砂糖
大さじ1/2
ひとつまみ
小さじ1
大さじ1
白コショウ
少々
大さじ2

1

〈皮を作る〉
ボウルに中力粉、砂糖、塩、ドライイースト、ベーキングパウダーを入れる

2

ぬるま湯を入れてこね、全体に水分が回ったら、サラダ油を加えてさらにこねる

3

こね台(まな板などでも)の上で、しっかりと30回くらいこね、表面がつるりとしてきたら、ボウルに戻して、ラップをする

4

レンジの発酵機能を使って、40度
で30分程度、生地が2倍に膨らむまで発酵させる

5

〈具の用意〉
玉ねぎのみじん切りは、ラップをかけて電子レンジで1分ほど加熱して、甘みを出し、冷ます。

6

豚ひき肉をボウルに入れ、オイスターソース、砂糖、塩、ごま油、酒、こしょうを加えてよく混ぜる

7

しっかりと粘り気が出てきたら、玉ねぎと片栗粉を加えて混ぜ、6等分にしておく。

8

生地の発酵が完了したら、取り出し、酢ケッパーなどを使って6等分にする

9

軽く丸めて濡れふきんをかけて、ベンチタイム約5分ほど置く。丸めた順番どおりに並べておく。

10

休ませている間に、豚まんの底に敷くオーブンペーパーを5㎝四方に切り分けておく。

11

生地を軽く広げて、真ん中に具を入れて包んでいく。包み終わりをぎゅっと絞るように閉じ、ペーパーにのせる。

12

濡れふきんをかけて、10分ほど休ませる。その間に、蒸し器に湯を沸かして準備しておく。

13

しっかりと蒸気が上がった蒸し器に、包んだ豚まんを並べて(一度に入らなければ2回に分ける)約10分蒸す。

コツ・ポイント

包むときに、中の具材がはみ出すと生地がくっつかないので、気を付けてくださいね。包み方はユーチューブなどを見て、研究しました。難しければ、閉じ終わりを下にしても大丈夫です。
551のあの綴じ目まで再現すべく、研究しました。

このレシピの生い立ち

大阪でよく食べていた豚まん。東京ではなかなか買えないので、再現しようとがんばりました。具がひき肉と玉ねぎだけとシンプルなところが大好きです。大阪人のソウルフードがおうちで食べれられて、家族も喜んでくれました。
レシピID : 4839182 公開日 : 17/12/09 更新日 : 17/12/09

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

4 (4人)

18/11/05

写真

ふんわり感が足りなかったのでリベンジします!

のらぴぃ

つくれぽありがとうございます!ぜひ、リベンジを!!

18/07/17

写真

不格好ですが美味しかったのでまた作ります♡

夢叶芽

わーい(*´▽`*)つくれぽありがとうございます。

18/02/06

写真

とっても美味しくできました、子供が2個ペロリでした。

元気アンジェ

包み方がとってもきれいでおいしそうー♡

18/01/16

First tsukurepo mark
写真

生地がもっちり、おいしいです(^-^)これぞ、大阪の味や!

kimpappu

これぞ大阪の味!うれしいです。包み方が上手~♡