黄飯(おうはん)

黄飯(おうはん)
郷土料理を発掘してしまいました。本来は端午の節句に食べるようです。黄色は古くから邪気を払う色とされてきたとか。超簡単レンジおこわにアレンジしましたので、行楽のおともにぜひどうぞ。おにぎりにしてもかわいいです。

材料 (3~4人分)

もち米
1カップ
うるち米
1カップ
2カップ
くちなしの実
乾燥1個
小1
黒豆
市販のもの100g

1

(前日)もち米とうるち米をといで、水につけておきます。

2

米をざるにあげたら、鍋で湯をわかし、くちなしの実をちぎってお茶葉の袋にいれ、煮だします。きっちり2カップに計量して、塩をとかします。

3

キャセロール(なければなんでも)に米をいれ、黄色い湯を注ぎ、オーブンシート落とし蓋をして、さらにラップ、フタをしてレンジ強20分。そのまま10分蒸らします。箸でほぐし、黒豆をまぜてできあがり。

コツ・ポイント

2カップのもち米でつくるときは、水1カップと3/4。うるち米のみなら、前日から水にはつけず、水2カップと80ccで炊いてください。うるちだけならすぐできます。梅干がよくあいます。

このレシピの生い立ち

書名は忘れましたが、レンジでごはんやおこわを炊く本の分量を参考に、郷土料理をアレンジしてみました。
レシピID : 48396 公開日 : 02/04/06 更新日 : 02/06/19

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」